子宮筋腫が見つかって5年ほどになります。

30代の後半のことでした。

元々、ひどい生理痛で月に数日は薬を飲んで寝込みますが、

急にそうなったわけではなく、最初からでしたので

自分はそういう体質なのだと思っていました。



婦人科のお医者さまも子宮や卵巣に特に異常もないので

市販の鎮痛剤が効くならそれで大丈夫ですと。

ただ出血が止まらなくて貧血になるなど、

いつもと違う症状を感じたら、早めに受診するようにとのこと。



周期もとても正確ですし、生理痛は相変わらずひどいままですが、

私にとってはいつもと同じで特に変わったこともないという気持ち。

そんな中、定期健診で子宮筋腫を指摘されてとても驚きました。



その時は3センチ。

7センチを超えたら手術を考えましょうと言われ、

突然の展開に目の前が真っ暗になったことを覚えています。

入院もしたこともない私、いきなり全身麻酔下での手術の話をされて

すっかり気が動転してしまいました。



が、今すぐどうということでないとわかり少し冷静に。

子宮筋腫はホルモンに影響を受けるので、

大きくなったり、また時には小さくなったりするそうで

まずは経過観察をしていくことが大事です。

そう仰る先生の言いつけを守り、

以来、定期的に大きさをチェックしています。



今のところ急激な変化はありませんが、

やはり年々、じわじわと成長して

今は4.5センチほどになっていてとても気がかりです。



閉経まで数年に迫ればホルモン剤を使用しながら、

さらに経過観察が可能だそうなので

せめてもう数年間だけでも筋腫には大人しくしていて欲しいものです。


 
追伸:

O脚で悩んでいる方は、こちらの動画をぜひ見て下さいね^^


 【自分で治すO脚解消ストレッチ動画】歪みを改善する自宅エクササイズ方法