子宮筋腫の原因と症状や改善策・治療方法・食事レシピの体験談・体験記ブログ

子宮筋腫の原因・症状および改善策、治療方法、食事レシピについて、多くの人の体験談や体験記を紹介しているブログです。子宮筋腫を治したい人必見!

タグ:貧血

手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫



先日、子宮癌検診に行ってきましたが、その時、小さな筋腫があると言われました。


かなり小さいもので、特に、今の所、問題がないということでした。


子宮筋腫とは、一体何なんでしょうか?


女性ホルモンのエストラジオールの影響を受け、筋肉細胞が、増加、腫大する病気が、子宮筋腫なのだそうです。


どうも、厳密に診断すると、30代女性の3人に一人に筋腫はあるのだそうです。


ただ、大きくならなければ、問題がないということではないでしょうか。


また、閉経してしまえば、卵巣内の卵のから、エストラジオールの分泌がなくなるので、子宮筋腫は、小さくなってしまって、治ってしまうのだそうです。


私の友達で、月経痛が、あまりにひどいので、病院に行ったら、子宮筋腫が原因だったと聞いたことがあります。


今も、治療を続けているようです。


子宮筋腫の症状は、月経痛がひどい他、貧血、月経過多、腰痛、頻尿、腫瘤が触れるなどです。


これらの症状があったら、悩んでいないで、早く病院で診てもらっておいた方が安心ですね。


さて、治療法ですが、保存治療と、手術とがあります。


手術となってしまうのは、薬物治療では治らない筋腫、妊娠、出産の経過影響を与えるだろう筋腫、そして、肉腫の可能性がある場合だそうです。


子宮筋腫イコール手術ではないので、怖がらず、産婦人科には、定期的に検診に行きたいと思います。


なお、子宮筋腫や子宮内膜症などの自宅でできる治療法についてくわしく知りたい方は、こちらのサイトをご覧になって下さい。


子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善する魔法の方法とは?



手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫や子宮内膜症は、生理があると悪化したり、過剰な出血で貧血になったり、激しい生理痛に苦しんだりといった症状がおこります。


これを軽くするのと、病巣そのものの縮小を狙って、ホルモン剤を使った疑似閉経状態にする治療が行われることが多いです。


私は、今のところ、内膜症と筋腫の縮小を狙って、「スプレキュア」という点鼻薬を一日二回使っています。


本当は三回使うのが標準使用の方法なんですが、3回使うとあまりにも副作用がつらすぎて、医師に相談して回数を減らしてもらいました。


疑似閉経状態になると、更年期障害のような症状が出るんですが、これが、3回使うとものすごすぎて、「食べられない」「鬱っぽくなって、動く元気がなくなる」「体がやたらと疲れてだるい」「寝汗かく」「物忘れがひどい(子供の授業参観とか、個人懇談の日を忘れた)」といった症状がひどすぎて、そのうちお金の計算や家事にも支障がでてきたので、「いくらなんでも、これはマズイ」と!


と慌てて減らしてもらいました。


同じ薬で注射の奴を筋腫もちの友人が使っていたんですが、彼女は、頭痛とか、イライラとか、眠気、肌荒れもひどかったそうです。


今は、筋腫を取ってしまったんで、薬もいらなくなり、楽になったと言っていました。


副作用には個人差があるのですが、ずーっと使い続けなくてはならないところが悩みですね。


なお、ホルモン剤や手術に頼らず子宮筋腫を治す方法もあるようなので、知りたい方はこちらのサイトを参考にしてみて下さい。


          ↓  ↓  ↓  ↓ 


自宅で子宮筋腫を治す魔法の方法とは?




手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



私は、去年の2月頃から貧血が酷くなり、婦人科を受診した所、子宮筋腫による貧血だと先生から説明を受けました。


子宮筋腫による貧血の場合は、治療が必要で「ホルモン剤治療」もしくは、「子宮全摘出手術」しか方法は無いと言われました。


私は、現在介護中の子供がいるため、手術したあと介護が出来なくなるといけないと思い、6月から半年間かけて、「ホルモン剤注射」による治療を開始しました。


しかし、治療を受けていくうちに担当医の先生が2回変わり、治療方法を詳しくお聞きすると、ホルモン剤注射を受けている間に子宮摘出の手術を受けたほうが望ましいと先生からお聞きして、鎌倉にある「腹腔内手術」の有名な病院で、今年の4月に手術を受けました。


「腹腔内手術」の場合1センチぐらいの小さな穴を4箇所に開けて行うため、回復が早くとても身体には楽な手術ということです。


実際受けてみますと、本当に傷跡が少なく、どこに傷跡があるのかなという感じでした。


私の場合は、「喘息」という持病があり、最初から強めの鎮痛剤が使えず、かなりの痛みがあり一週間ほど入院がかかりましたが、通常は2、3日で退院できることがメリットだということでした。


私も、2ヶ月間は痛みがありましたが、現在は、お陰様で痛みも無く、凄く楽になりました。


皆さんも気をつけてくださいね。


なお、子宮筋腫の治療方法についてもっと詳しく知りたいなら、こちらのサイトがオススメですよ。

        ↓  ↓  ↓  ↓

自宅で手術なしで子宮筋腫を改善する方法について



手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫のために、子宮全部摘出手術を受けると、体調はどんなふうに変わるのか?


これは、手術を迷っている人にとっては、大きな疑問ですよね。


実際に、子宮全部摘出手術を経験した友達から話を聞くと、「手術をして、体調面で変化したのは、生理がなくなったことだけ。」という返事が返ってきました。


「これまで生理ですごく悩んできたから、もっと早くすればよかったって思った。」という人もいます。


生理の予定日にぶつかるから、旅行とかのレジャーが楽しめなかったり、お腹が妊娠5か月みたいに膨らんでたから、おしゃれができなかったのが、術後は楽しめるようになったり、という良い点もいろいろと挙げてくれました。


「子宮が無くなったら、女じゃなくなるのでは?なんて思ってたけど、心配したほどには変化って感じなかった。


むしろ、生理がなくなったことで、貧血が治ったのがありがたい。」なんて意見もありました。


どうして、あんまり変化がないのか?


というと、卵巣は残ってるから、女性ホルモンのレベルはそんなに下がってないからということらしいですね。


卵巣まで、いっぺんに摘出しないといけないような場合でも、できるだけ残すような努力をするものだそうです。


友人の一人は、両方の卵巣に癒着があったので、少しでも状態の良い方を、薬で焼いて、片方だけのこしたんだそうです。


ちょっとでも残しておいた方が、女性の健康のためには有益なんですね。




このページのトップヘ