子宮筋腫の原因と症状や改善策・治療方法・食事レシピの体験談・体験記ブログ

子宮筋腫の原因・症状および改善策、治療方法、食事レシピについて、多くの人の体験談や体験記を紹介しているブログです。子宮筋腫を治したい人必見!

タグ:良性

手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫とは女性特有の病気の一種で子宮付近にできる良性の腫瘍です。


腫瘍と聞きますとちょっと嫌な感じも出てきますが、子宮筋腫は良性で体に害を与えにくいものなので深刻にならないようにしてほしいです。


腫瘍には良性と悪性があります。


悪性が癌という事になります。


この2つの違いは明確で体に害をおよぼしにくいのが良性で害をおよぼすのが悪性になります。


良性の場合は腫瘍が大きくならない事が多く、悪性の場合はどんどん腫瘍が大きくなるのです。


子宮筋腫は良性の方でこの病気になっても自覚症状が出ない人が多いです。


ただ、出来た部分によっては便秘など部分によって症状が出てきます。


基本的には経過観察になります。


ただ、大きいもので体になんかしらの病状がでている場合は手術による切除もする事がありますし、また子宮筋腫によっては薬による治療もあります。


なぜ経過観察するのかと言うとまれに大きくなる事があるからです。


この場合は手術による切除をする場合があります。


子宮筋腫と診断された場合は念のために定期的に健診に行く事が大事になってきます。


また、子宮筋腫の原因になるのが女性ホルモンのエストロゲンによるものです。


この病気は決して珍しい病気ではなく、5人の1人は発症するとも言われています。




手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫とは、赤ちゃんを育てるのに必要である子宮の筋層に腫瘍ができてしまうことをいいます。といっても、悪性のものではなく良性の腫瘍です。



子宮筋腫を持っている人は30代の女性では1/3以上もいると言われています。



もちろん、その年代だけでなく、初潮を迎えた女性から閉経を迎えるまでの幅広い年齢の女性がかかる可能性のある病気なのです。



最近では、初潮を迎える年齢が早まっていることもあり、若い女性にも増えている病気なのです。



良性の腫瘍ですので、直接命の危険はありませんが、だんだんと大きくなれば手術の必要性も出てきます。



しかし、その原因ははっきりとはわかっていないのが現実です。



食生活や、ストレスなどの可能性も考えられますが、効果的な予防方法がないのが実状です。



その症状は、腰痛や頻尿、不正出血、貧血などがあげられます。大きくなった筋腫はお腹を触るとそのふくらみがわかるほどにもなります。そのふくらみのせいで、直腸を圧迫することによって、便秘になることもあります。



ただ、腫瘍があるからといって治療を必ず行うわけではありません。



筋腫が大きくなったり、症状がひどい、不妊症で悩んでいるなどといった場合に行われます。



ですので、もし、子宮筋腫かな?と思った場合は医者に行って定期的に診断を受け相談するのがいいでしょう。



なお、子宮筋腫を自宅で手術なしで治療する方法については、こちらの動画を参考にするといいでしょう。

        ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

つらい子宮筋腫の自力での改善法とは?手術しないで自宅で治す対処法や効果的な食事・食べ物



手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫とは、子宮の筋肉にできる良性の腫瘍です。腫瘍と聞くと、がんなどを連想して不安になるかもしれませんが、腫瘍にも良性と悪性とがあり、子宮筋腫は良性の腫瘍です。子宮にできる良性の腫瘍には子宮筋腫の他に、子宮腺筋症、子宮内膜ポリープ、子宮頚管ポリープなどがあり、悪性の腫瘍には子宮肉腫、子宮体がん、子宮頸がんなどがあります。

 

子宮筋腫はがんのように、健康な他の組織を破壊したり、他の箇所に転移したりということはないので、生命に危険は伴わないものです。子宮筋腫があると子宮がんになりやすくなるのではないか、と考える人も多いでしょうが、子宮筋腫ががんに変化することはありません。



子宮筋腫があるからといって、すべての人に症状が現れるわけではありません。かかった人の全体の60~70%は特に症状が表に現れません。子宮筋腫がその大きさや位置によって、月経量が増えたり、尿が近くなったり出なくなったりすることが問題になるのです。



女性に特有の病気の中でも、子宮筋腫はもっとも患者数の多いもののひとつです。現在、35歳以上の女性に20~30%、40歳以上の40~50%に子宮筋腫があるといわれており、最近では初経を迎える年齢が早くなっていることなどから、20代の女性に見られるようにもなっています。



このページのトップヘ