子宮筋腫の原因と症状や改善策・治療方法・食事レシピの体験談・体験記ブログ

子宮筋腫の原因・症状および改善策、治療方法、食事レシピについて、多くの人の体験談や体験記を紹介しているブログです。子宮筋腫を治したい人必見!

タグ:自覚症状

手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



私の妹は妊娠した時に子宮筋腫があることが判明しました。


かなり前から生理痛がひどかったり、お腹に痛みがあることがあったりと、自覚症状はあったようです。


しかし、それが子宮筋腫とは思わずに一度も婦人科で検査を受けませんでした。


妊娠して初めて、5センチほどの筋腫が発見されたのです。


相談を受けた私も全く知識がなく、とてもビックリしました。


医師からは筋腫があっても無事出産できている人は沢山いるから安心するように言われました。


ただ、妹はその頃立ち仕事をしていて、仕事内容が体力的にハードだったので、セーブするようにと注意されました。


妹は大事をとって、すぐに仕事を辞めました。


しかし、自宅で過ごすようになった妹は生まれてくる赤ちゃんのために部屋を改造したいと、かなり動き回っていました。


私も妹の旦那も心配していましたが、じっとしている事が出来ない性格な妹をとめることはできませんでした。


そんな矢先、妊娠3ヶ月に入った頃に突然激しい腹痛に襲われて病院へ運ばれました。


妹は1週間の入院とそれ以降も絶対安静にして過ごすように注意されました。


それから私も出来る限り家事を手伝い、妹は安静に過ごしていましたが、妊娠後期には子宮筋腫の影響でお腹がはりやすくて苦しんでいました。


医師に処方された張り止めの薬を飲んで耐えていましたが、とても大変そうでした。


しかし、妹は無事に赤ちゃんを出産して、今のところ筋腫もそれ以上大きくなっていません。


今は定期的に産婦人科へ通うようになり、筋腫の大きさをチェックしているので、私も安心しています。


なお、子宮筋腫を手術しないで治すやり方について知りたい方は、下記のサイトもご覧になって下さい。

           ↓  ↓  ↓

子宮筋腫を手術なしで治す方法とは



手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



私は十年ほど前に卵巣を患い、手術をしました。



その時に主治医から、「子宮筋腫があったのでついでに切除しておきました」と言われて驚きました。



それまで何の自覚症状もなかっただけに、とても意外な感じがしました。

 

子宮筋腫は、エストロゲンという女性ホルモンの影響でできる良性の腫瘍です。

 

硬いこぶのようなもので、肉眼では見えないほど小さいものから、数十センチにもなる大きなものまであります。



成人女性の二~三割に見られる症状で、人によっては月経過多重い生理痛を伴う場合があります。



この月経過多によって、知らないうちに貧血になり、身体に負担がかかるケースも見られるそうです。



あるいは、筋腫が大きくなって骨盤の中の神経や膀胱、直腸などを圧迫することがあります。すると、腰痛や腹痛、便秘、頻尿などの症状が出てしまいます。



これらの症状がひどい場合には、手術や治療を行います。特に症状がないなら、経過観察をしていきます。



私はその手術の後、定期的に検診を受けています。

 

すると数年前に、また小さな子宮筋腫があることが分かりました。しかし、日常で辛い症状はないので、このまま経過を見ることにしています。

 

このように、自分が気付かないうちに身体の状況が変化していることがあります。やはり日頃の検診が大切だということを痛感しています。



もし検診で子宮筋腫が見つかったら、こちらの方法を試してみるのもいいと思います。

            ↓  ↓  ↓

自宅で子宮筋腫を治療する方法


手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



初潮が始まって以来、生理周期もほとんど乱れることなく順調で生理痛等もほとんど無く20年近く過ごしてきたのですが、長男を妊娠した時のエコー検査で子宮筋腫があると医師に告げられました。



これまで全く自覚症状がなかった私はビックリ。



と同時に、今回の妊娠出産には全く影響が無い場所であり大きさだという事で胸を撫でおろしたのでした。



子宮筋腫は30代の女性の4~5人に1人、40代の女性の3~4人に1人が持っているというデーターもあるとの事ですが、私のように自覚症状が無く、妊娠するまで気がつかなかったという方も多いようなので、もしかすると割合はもっと多いのかもしれません。

 

当時、子宮筋腫はそのままで問題ないと言われ、お腹の子供の事に気をとられて全く意識してなかったせいか、筋腫の事等すっかり忘れたまま数年が経ちましたが、それ以降も自覚症状等は無く、生理は順調です。



子宮頸がん検査は定期的に受けているものの、子宮筋腫の経過については受診していませんが、突然筋腫が大きくなったり、増えたりすることもあるようなので、今後の為にも定期的に受診する事が大切だなと思い始めました。

 

子宮筋腫は手術をして切るというイメージしかなかったのですが、症状などによってはなどを使って行う治療もあるようですので、まずは婦人科の受診予約から始めたいと思います。


 

追伸:

子宮筋腫の症状で悩んでいる方は、こちらの動画をぜひご覧になってみて下さい。


↓  ↓  ↓  ↓  ↓


手術しないで自宅で子宮筋腫を治す・完治させる対策法 痛みを緩和する対処法や効果的な食事・食べ物



手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫は女性の10人に2~3人は持っている病気だと言われています。

良性だと言われているので、見つかったとしても、急にどうこうしないとという訳でもありません。

筋腫ができている場所にもより、自覚症状があったり、生理痛がきつかったり出血が多かったりといった感じです。



生理痛がひどい、とういうのは人によって痛みの感じ方が違うのでなかなか判断しにくいと思います。

出血の多い、少ないというのも、どれくらいの量が多いのか?と疑問に思ってしまいます。



私も見つかった時は3~4センチくらいで経過観察でした。

生理痛は昔からひどく、吐いたり、時には救急車で運ばれた事もありました。

生理痛がひどいのは筋腫が関係してるとは思った事はありませんでしたが、

だんだん出血量が多くなってきたかな、という自覚症状はありました。



経過観察といわれると、次に検診には、なかなか行かないものです。

4年ほど経ち、筋腫が3倍以上の大きさになっているのが判明して、仕方なく核出術をしました。

今では手術も進歩しており、開腹せず腹腔鏡手術がメインのようです。

手術以外の方法も多く確立されていると思います。

人それぞれ症状もさまざまだと思うので、その人に合う治療をしていけばいいと思います。


 
なお、手術するのがイヤな方は、こちらの方法を試してみるといいでしょう。

            ↓  ↓  ↓

手術なしで子宮筋腫を改善する方法


このページのトップヘ