子宮筋腫の原因と症状や改善策・治療方法・食事レシピの体験談・体験記ブログ

子宮筋腫の原因・症状および改善策、治療方法、食事レシピについて、多くの人の体験談や体験記を紹介しているブログです。子宮筋腫を治したい人必見!

タグ:経過観察

手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫とは女性特有の病気の一種で子宮付近にできる良性の腫瘍です。


腫瘍と聞きますとちょっと嫌な感じも出てきますが、子宮筋腫は良性で体に害を与えにくいものなので深刻にならないようにしてほしいです。


腫瘍には良性と悪性があります。


悪性が癌という事になります。


この2つの違いは明確で体に害をおよぼしにくいのが良性で害をおよぼすのが悪性になります。


良性の場合は腫瘍が大きくならない事が多く、悪性の場合はどんどん腫瘍が大きくなるのです。


子宮筋腫は良性の方でこの病気になっても自覚症状が出ない人が多いです。


ただ、出来た部分によっては便秘など部分によって症状が出てきます。


基本的には経過観察になります。


ただ、大きいもので体になんかしらの病状がでている場合は手術による切除もする事がありますし、また子宮筋腫によっては薬による治療もあります。


なぜ経過観察するのかと言うとまれに大きくなる事があるからです。


この場合は手術による切除をする場合があります。


子宮筋腫と診断された場合は念のために定期的に健診に行く事が大事になってきます。


また、子宮筋腫の原因になるのが女性ホルモンのエストロゲンによるものです。


この病気は決して珍しい病気ではなく、5人の1人は発症するとも言われています。




手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫は、子宮内の平滑筋の中に筋肉のこぶの様な塊ができることを言います。


筋腫は少しづつ成長してきますが、良性の腫瘍であり、悪性ではないので命の心配はありません。


子宮筋腫の症状の一般的なものに、月経の変化があります。


月経期間が長くなったり、出血量が増える、不正出血が起こることがあり、月経痛や貧血が起きる、息切れやめまい、顔面不良などの症状が出ることもあります。


また筋腫が膀胱を圧迫して頻尿になったり、大腸を圧迫して便秘になることもあります。


発生場所によっては、不妊症の原因となることもあります。


また妊娠しても流産や早産の原因となることもあります。


子宮筋腫が見つかったからと言って、必ずしも治療をしないといけないわけではありません。


症状がなく大きさも小さい場合で妊娠を望んでいない人は、経過観察をするだけで済むことも多いです。


しかし筋腫が大きくなっている場合や、月経量が多かったり、月経痛がひどい場合、妊娠を望んでおり、それの妨げになると考えられる場合には、治療をすることになります。


まずは薬物療法で治療することを考えます。


筋腫が大きくなった場合には、子宮を摘出する手術を行うことがあります。


子宮を摘出すれば、その後の妊娠を望めなくなるので、通常は今後妊娠を希望しないという女性に限り、行う手術です。


筋腫の状態を理解して、主治医と治療法について、じっくりと話し合うことが大事です。


なお、手術や薬に頼ることなく安全に子宮筋腫を改善させる方法が知りたいなら、こちらのサイトをぜひご覧になって下さい。


        ↓  ↓  ↓  ↓  ↓


自宅で子宮筋腫を直す魔法の方法



手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



私は十年ほど前に卵巣を患い、手術をしました。



その時に主治医から、「子宮筋腫があったのでついでに切除しておきました」と言われて驚きました。



それまで何の自覚症状もなかっただけに、とても意外な感じがしました。

 

子宮筋腫は、エストロゲンという女性ホルモンの影響でできる良性の腫瘍です。

 

硬いこぶのようなもので、肉眼では見えないほど小さいものから、数十センチにもなる大きなものまであります。



成人女性の二~三割に見られる症状で、人によっては月経過多重い生理痛を伴う場合があります。



この月経過多によって、知らないうちに貧血になり、身体に負担がかかるケースも見られるそうです。



あるいは、筋腫が大きくなって骨盤の中の神経や膀胱、直腸などを圧迫することがあります。すると、腰痛や腹痛、便秘、頻尿などの症状が出てしまいます。



これらの症状がひどい場合には、手術や治療を行います。特に症状がないなら、経過観察をしていきます。



私はその手術の後、定期的に検診を受けています。

 

すると数年前に、また小さな子宮筋腫があることが分かりました。しかし、日常で辛い症状はないので、このまま経過を見ることにしています。

 

このように、自分が気付かないうちに身体の状況が変化していることがあります。やはり日頃の検診が大切だということを痛感しています。



もし検診で子宮筋腫が見つかったら、こちらの方法を試してみるのもいいと思います。

            ↓  ↓  ↓

自宅で子宮筋腫を治療する方法


手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫は女性の10人に2~3人は持っている病気だと言われています。

良性だと言われているので、見つかったとしても、急にどうこうしないとという訳でもありません。

筋腫ができている場所にもより、自覚症状があったり、生理痛がきつかったり出血が多かったりといった感じです。



生理痛がひどい、とういうのは人によって痛みの感じ方が違うのでなかなか判断しにくいと思います。

出血の多い、少ないというのも、どれくらいの量が多いのか?と疑問に思ってしまいます。



私も見つかった時は3~4センチくらいで経過観察でした。

生理痛は昔からひどく、吐いたり、時には救急車で運ばれた事もありました。

生理痛がひどいのは筋腫が関係してるとは思った事はありませんでしたが、

だんだん出血量が多くなってきたかな、という自覚症状はありました。



経過観察といわれると、次に検診には、なかなか行かないものです。

4年ほど経ち、筋腫が3倍以上の大きさになっているのが判明して、仕方なく核出術をしました。

今では手術も進歩しており、開腹せず腹腔鏡手術がメインのようです。

手術以外の方法も多く確立されていると思います。

人それぞれ症状もさまざまだと思うので、その人に合う治療をしていけばいいと思います。


 
なお、手術するのがイヤな方は、こちらの方法を試してみるといいでしょう。

            ↓  ↓  ↓

手術なしで子宮筋腫を改善する方法


このページのトップヘ