子宮筋腫の原因と症状や改善策・治療方法・食事レシピの体験談・体験記ブログ

子宮筋腫の原因・症状および改善策、治療方法、食事レシピについて、多くの人の体験談や体験記を紹介しているブログです。子宮筋腫を治したい人必見!

タグ:症状

手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫も含めて、慢性疾患があって、手術が見込まれる時は、「なんとか、手術費用を減らしたい」と考えますよね。


私は毎月子宮内膜症で医大に通っていますんで、ドクターが「手術したほうがいいですよ〜」というたびに、ビクビクします(苦笑) 小さい子宮筋腫もあるので、そちらはどうなってますか?


と聞くと、「あ、それは大丈夫、大したことないから。


それより卵巣の方がね〜」とか必ずそんな感じです。


卵巣は、「卵巣チョコレート嚢胞」って状態で、パンパンに腫れてるんで「破裂すると大変ですよ」とか脅かされます。


こんな話で分かるように、病気としての厄介さは、(大きさにもよりますが)子宮内膜症の方がひどい気がしますね。


少なくとも、子宮筋腫は癌化しない良性のコブってことで、大きくなりさえしなければ、割と安心ですけど、チョコレート嚢胞は、いつ破裂するか分かんないし、【破裂しないかもしれないし)生理をとめても、なかなか、改善されません。


お腹がポコンと腫れてしまうのは、どっちも同じですけどね。


痛みについては、子宮内膜症の方が、たぶん、かなり、辛いかも。


生理の重傷度合いは、大きさにもよるけど、似たり寄ったり?


子宮内膜症は、生理痛が最も特徴的な症状ですから。


うーん。


こうしてみると、両方持っている私は、結構悲惨かもしれない(泣)


なお、子宮筋腫を自宅で手術しないで治すやり方について知りたい人は、下記のサイトが参考になると思いますよ。

           ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

子宮筋腫を自宅で改善する方法とは




手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫



子宮筋腫とは、女性だけの病気として知られていますが、誰にでも起こりうる病気です。


私の母が子宮筋腫を患っていましたが、若い時からずっとあったそうです。


子宮の筋層に出来た腫瘍を子宮筋腫と言い、良性なのでがんではありません。


しかし、子宮筋腫が出来た事によって、様々な不快な症状が出る事は避けられないようです。


腰痛や不正出血、貧血、頻尿なども多く、月経時の出血の量が多くなったりもします。


月経時に痛みが多かったり、頻発月経なども起こりやすくなります。


また、腫瘍はひとつとは限らず、たくさん出来ている場合もあり、腫瘍が大きくなってくると外から触る事が出来るようになってきます。


放置しても大丈夫な場合もありますが、大きくなってくるようなら手術で取る事が望ましいと言われています。


大体、こぶし大以上の大きさになる時は、周囲の臓器を圧迫してしまい妊娠もしにくくなってしまいます。


それだけでなく、流産・早産の危険性も含んでいます。


手術となると、子宮全摘出になりますが、子供を産んでいない場合は筋腫核出術を用いて子宮を残します。


私の母は、子供を産み終えた後だったので、子宮を全摘出しました。


私には子宮筋腫はありませんが、遺伝で出来やすいかも知れないので、気をつけて定期的な検査をしていきたいと思います。




なお、手術や薬で治すことに抵抗がある人や、費用をなるべく掛けずに治したい人は、こちらの方法を試してみてはいかがでしょうか?


私の姉もこれで子宮筋腫を解消することができたので、よかったら一度サイトをご覧になって下さいね。


        ↓  ↓  ↓  ↓  ↓



手術や薬に頼らず子宮筋腫を解消する方法



手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫とは子宮の筋肉層にこぶ状にできる良性の腫瘍で、女性の現代病ともよばれるほど患者数が増加しています。


生理痛がひどい、生理の量が多すぎるといった理由で婦人科を受診して発見されることが多いのですが、30代〜50代の女性がなりやすい婦人科疾患といわれています。


中でも40代がもっとも多く、逆に10代〜20代前半の若い女性に発症することはほとんどありません。


なぜかというと、子宮筋腫の発症には女性ホルモンが強く影響を与えているからです。


子宮筋腫は女性ホルモンの分泌量によって発症したり症状が進むかどうかが決まります。


女性ホルモンの分泌がまだ安定していなかったり少なめである若い女性は、筋腫になりやすい体質だとしても筋腫を成長させる条件が不足していることが多いためほとんど発症しません。


また60代前後以降の閉経期の女性も、女性ホルモンの分泌がどんどん減少していくため筋腫の成長が鈍化し、閉経すると筋腫は少しずつ退縮し、消えることはないものの生活に影響がない程度まで小さくなっることもあります。


つまり卵巣から分泌される女性ホルモンの量が最も盛んな成熟期、つまり30代〜50代の女性は筋腫を発症しやすく、また筋腫の悪化が早くなる条件が整っているため罹患率が上がるのです。


なお、もしあなたが子宮筋腫の治療で悩んでいるのなら、こちらのサイトを参考にしてみてはいかがでしょうか?


        ↓  ↓  ↓  ↓


子宮筋腫を自宅で改善する魔法の方法とは?


手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



初潮が始まって以来、生理周期もほとんど乱れることなく順調で生理痛等もほとんど無く20年近く過ごしてきたのですが、長男を妊娠した時のエコー検査で子宮筋腫があると医師に告げられました。



これまで全く自覚症状がなかった私はビックリ。



と同時に、今回の妊娠出産には全く影響が無い場所であり大きさだという事で胸を撫でおろしたのでした。



子宮筋腫は30代の女性の4~5人に1人、40代の女性の3~4人に1人が持っているというデーターもあるとの事ですが、私のように自覚症状が無く、妊娠するまで気がつかなかったという方も多いようなので、もしかすると割合はもっと多いのかもしれません。

 

当時、子宮筋腫はそのままで問題ないと言われ、お腹の子供の事に気をとられて全く意識してなかったせいか、筋腫の事等すっかり忘れたまま数年が経ちましたが、それ以降も自覚症状等は無く、生理は順調です。



子宮頸がん検査は定期的に受けているものの、子宮筋腫の経過については受診していませんが、突然筋腫が大きくなったり、増えたりすることもあるようなので、今後の為にも定期的に受診する事が大切だなと思い始めました。

 

子宮筋腫は手術をして切るというイメージしかなかったのですが、症状などによってはなどを使って行う治療もあるようですので、まずは婦人科の受診予約から始めたいと思います。


 

追伸:

子宮筋腫の症状で悩んでいる方は、こちらの動画をぜひご覧になってみて下さい。


↓  ↓  ↓  ↓  ↓


手術しないで自宅で子宮筋腫を治す・完治させる対策法 痛みを緩和する対処法や効果的な食事・食べ物



このページのトップヘ