子宮筋腫の原因と症状や改善策・治療方法・食事レシピの体験談・体験記ブログ

子宮筋腫の原因・症状および改善策、治療方法、食事レシピについて、多くの人の体験談や体験記を紹介しているブログです。子宮筋腫を治したい人必見!

タグ:病気

手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



私の身近な人の中にも、子宮筋腫になってしまった方が数人いて、残念ながら、この事が原因で不妊症になってしまった友人もいます。


子宮筋腫ってポピュラーな病気で、けっこう耳にする事が多いと思うのですが、ちゃんと説明できるほど、症状など良くわかっていない・・という感じだったので、子宮筋腫について、いろいろと調べて見ました。


子宮筋腫とは、良性の腫瘍で、筋肉のコブみたいな塊ができる事を子宮筋腫と呼ぶのです。


良性なので、命に関わる病気・・というわけではありませんが、何年もかけて少しずつコブは大きくなっていく事が多いようです。


最近は、比較的年齢の若い女性の方が子宮筋腫になる傾向があるようです。


子宮筋腫になっても、ほとんどが無症状の状態である事が多く、婦人科で検診した時に偶然みつかった・・なんていうこともあるようです。


症状を自覚する場合では、ひどい生理痛や、生理の時に出血する量が増えたりするという事が多くあるようです。


子宮筋腫になってしまったら、どんな治療法があるのでしょうか・・。


場合によっては、手術などをせずに、経過を観察したり、ホルモンの分泌をおさえて、筋腫を小さくする薬物療法などがあります。


あまりにも大きい筋腫の場合などは、手術で取り除くことが一般的なようです。




手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫



子宮筋腫とは、女性だけの病気として知られていますが、誰にでも起こりうる病気です。


私の母が子宮筋腫を患っていましたが、若い時からずっとあったそうです。


子宮の筋層に出来た腫瘍を子宮筋腫と言い、良性なのでがんではありません。


しかし、子宮筋腫が出来た事によって、様々な不快な症状が出る事は避けられないようです。


腰痛や不正出血、貧血、頻尿なども多く、月経時の出血の量が多くなったりもします。


月経時に痛みが多かったり、頻発月経なども起こりやすくなります。


また、腫瘍はひとつとは限らず、たくさん出来ている場合もあり、腫瘍が大きくなってくると外から触る事が出来るようになってきます。


放置しても大丈夫な場合もありますが、大きくなってくるようなら手術で取る事が望ましいと言われています。


大体、こぶし大以上の大きさになる時は、周囲の臓器を圧迫してしまい妊娠もしにくくなってしまいます。


それだけでなく、流産・早産の危険性も含んでいます。


手術となると、子宮全摘出になりますが、子供を産んでいない場合は筋腫核出術を用いて子宮を残します。


私の母は、子供を産み終えた後だったので、子宮を全摘出しました。


私には子宮筋腫はありませんが、遺伝で出来やすいかも知れないので、気をつけて定期的な検査をしていきたいと思います。




なお、手術や薬で治すことに抵抗がある人や、費用をなるべく掛けずに治したい人は、こちらの方法を試してみてはいかがでしょうか?


私の姉もこれで子宮筋腫を解消することができたので、よかったら一度サイトをご覧になって下さいね。


        ↓  ↓  ↓  ↓  ↓



手術や薬に頼らず子宮筋腫を解消する方法



手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫って一体どんな病気か知っていますか?

女性なら1度は聞いたことぐらいあるような名前の病気ですね。

私の周りの女性も何人か子宮筋腫を患っていて、誰でもおこりうる可能性があるので、少し知識をもっておくといいかも知れません。



そもそも子宮筋腫は、成人女性なら急に発症することもある病気で、筋腫の出来る場所や、大きさ、数などによって症状はさまざまです。

たまたま行った婦人科の検診で見つかることもありますし、筋腫がまだ小さい場合は症状が全くなく、気付かないケースもあります。

子宮筋腫の症状でもっとも、あれ?何かおかしい。と気付きやすいが月経の変化なのです。



例えば、不正出血があったり、月経期間が長くなったり、月経時の出血量が増えるなどがあります。

それに伴ってでてくる症状が、顔色が悪くなったり、貧血気味、生理痛が重くなるなどです。



こういった症状が出てくると日常生活も辛いものです。



また、子宮筋腫が大きくなると、内臓が圧迫され、その結果、膀胱炎や便秘などの症状も出てきます。



子宮筋腫の中でも最も怖いのが、子宮の内側の粘膜にできるもので、これができると生理のときに多量出血をおこし、出血性ショックや腹膜炎などの合併症をおこすことがあります。



子宮筋腫は、誰にでもおこりうる病気なので、日頃から生理のときの出血量や痛みなど見ていて、少しでも異変があれば早めに婦人科で受診しましょう。


 
手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



もう10年以上前のことですが、母が子宮筋腫を患い、手術を受けました。当時、母は40代半ば。以前から「貧血気味」「生理が重い」とよくこぼしていましたが、検診で肥大化した筋腫が見つかったのです。



母は「これで子宮ともおさらばか…」と思ったそうですが、医師の「もったいないですね」の一言で、子宮全摘出手術ではなく筋腫だけを取り除く手術を行うことになりました。手術直後、医師から「こんなのが入っていましたよ」と見せられた筋腫は、なんとこぶしほどの大きさ。少し赤黒く、グロテスクな肉のかたまりのようでした。こんなものが子宮に入っていれば貧血にもなるよなあ、と妙に納得させられたことを憶えています。



子宮筋腫は女性なら誰もがなり得る病気です。ごく小さな筋腫まで含めれば、ほとんどの成人女性に筋腫があるのではないかといわれているそうです。子宮筋腫は良性の腫瘍なので基本的には悪さはしないようですが、筋腫が急激に大きくなったり、生理痛の悪化・月経量の増加・貧血などを引き起こしたりする場合は治療が必要とのこと。



母が手術を受けた当時、私は学生でしたが、大人になった今、自分自身も子宮筋腫についてもっと気をつけなければいけないなと改めて感じます。

 
 
なお、手術に抵抗がある人は、こちらのサイトも参考にしてみて下さい。

          ↓  ↓  ↓ 

子宮筋腫を自宅で改善!10年間苦しんできた生理痛も治った魔法の方法



このページのトップヘ