子宮筋腫の原因と症状や改善策・治療方法・食事レシピの体験談・体験記ブログ

子宮筋腫の原因・症状および改善策、治療方法、食事レシピについて、多くの人の体験談や体験記を紹介しているブログです。子宮筋腫を治したい人必見!

タグ:生理痛

手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



私の妹は妊娠した時に子宮筋腫があることが判明しました。


かなり前から生理痛がひどかったり、お腹に痛みがあることがあったりと、自覚症状はあったようです。


しかし、それが子宮筋腫とは思わずに一度も婦人科で検査を受けませんでした。


妊娠して初めて、5センチほどの筋腫が発見されたのです。


相談を受けた私も全く知識がなく、とてもビックリしました。


医師からは筋腫があっても無事出産できている人は沢山いるから安心するように言われました。


ただ、妹はその頃立ち仕事をしていて、仕事内容が体力的にハードだったので、セーブするようにと注意されました。


妹は大事をとって、すぐに仕事を辞めました。


しかし、自宅で過ごすようになった妹は生まれてくる赤ちゃんのために部屋を改造したいと、かなり動き回っていました。


私も妹の旦那も心配していましたが、じっとしている事が出来ない性格な妹をとめることはできませんでした。


そんな矢先、妊娠3ヶ月に入った頃に突然激しい腹痛に襲われて病院へ運ばれました。


妹は1週間の入院とそれ以降も絶対安静にして過ごすように注意されました。


それから私も出来る限り家事を手伝い、妹は安静に過ごしていましたが、妊娠後期には子宮筋腫の影響でお腹がはりやすくて苦しんでいました。


医師に処方された張り止めの薬を飲んで耐えていましたが、とても大変そうでした。


しかし、妹は無事に赤ちゃんを出産して、今のところ筋腫もそれ以上大きくなっていません。


今は定期的に産婦人科へ通うようになり、筋腫の大きさをチェックしているので、私も安心しています。


なお、子宮筋腫を手術しないで治すやり方について知りたい方は、下記のサイトもご覧になって下さい。

           ↓  ↓  ↓

子宮筋腫を手術なしで治す方法とは



手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫も含めて、慢性疾患があって、手術が見込まれる時は、「なんとか、手術費用を減らしたい」と考えますよね。


私は毎月子宮内膜症で医大に通っていますんで、ドクターが「手術したほうがいいですよ〜」というたびに、ビクビクします(苦笑) 小さい子宮筋腫もあるので、そちらはどうなってますか?


と聞くと、「あ、それは大丈夫、大したことないから。


それより卵巣の方がね〜」とか必ずそんな感じです。


卵巣は、「卵巣チョコレート嚢胞」って状態で、パンパンに腫れてるんで「破裂すると大変ですよ」とか脅かされます。


こんな話で分かるように、病気としての厄介さは、(大きさにもよりますが)子宮内膜症の方がひどい気がしますね。


少なくとも、子宮筋腫は癌化しない良性のコブってことで、大きくなりさえしなければ、割と安心ですけど、チョコレート嚢胞は、いつ破裂するか分かんないし、【破裂しないかもしれないし)生理をとめても、なかなか、改善されません。


お腹がポコンと腫れてしまうのは、どっちも同じですけどね。


痛みについては、子宮内膜症の方が、たぶん、かなり、辛いかも。


生理の重傷度合いは、大きさにもよるけど、似たり寄ったり?


子宮内膜症は、生理痛が最も特徴的な症状ですから。


うーん。


こうしてみると、両方持っている私は、結構悲惨かもしれない(泣)


なお、子宮筋腫を自宅で手術しないで治すやり方について知りたい人は、下記のサイトが参考になると思いますよ。

           ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

子宮筋腫を自宅で改善する方法とは




手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫や子宮内膜症は、生理があると悪化したり、過剰な出血で貧血になったり、激しい生理痛に苦しんだりといった症状がおこります。


これを軽くするのと、病巣そのものの縮小を狙って、ホルモン剤を使った疑似閉経状態にする治療が行われることが多いです。


私は、今のところ、内膜症と筋腫の縮小を狙って、「スプレキュア」という点鼻薬を一日二回使っています。


本当は三回使うのが標準使用の方法なんですが、3回使うとあまりにも副作用がつらすぎて、医師に相談して回数を減らしてもらいました。


疑似閉経状態になると、更年期障害のような症状が出るんですが、これが、3回使うとものすごすぎて、「食べられない」「鬱っぽくなって、動く元気がなくなる」「体がやたらと疲れてだるい」「寝汗かく」「物忘れがひどい(子供の授業参観とか、個人懇談の日を忘れた)」といった症状がひどすぎて、そのうちお金の計算や家事にも支障がでてきたので、「いくらなんでも、これはマズイ」と!


と慌てて減らしてもらいました。


同じ薬で注射の奴を筋腫もちの友人が使っていたんですが、彼女は、頭痛とか、イライラとか、眠気、肌荒れもひどかったそうです。


今は、筋腫を取ってしまったんで、薬もいらなくなり、楽になったと言っていました。


副作用には個人差があるのですが、ずーっと使い続けなくてはならないところが悩みですね。


なお、ホルモン剤や手術に頼らず子宮筋腫を治す方法もあるようなので、知りたい方はこちらのサイトを参考にしてみて下さい。


          ↓  ↓  ↓  ↓ 


自宅で子宮筋腫を治す魔法の方法とは?




手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫とは子宮の筋肉層にこぶ状にできる良性の腫瘍で、女性の現代病ともよばれるほど患者数が増加しています。


生理痛がひどい、生理の量が多すぎるといった理由で婦人科を受診して発見されることが多いのですが、30代〜50代の女性がなりやすい婦人科疾患といわれています。


中でも40代がもっとも多く、逆に10代〜20代前半の若い女性に発症することはほとんどありません。


なぜかというと、子宮筋腫の発症には女性ホルモンが強く影響を与えているからです。


子宮筋腫は女性ホルモンの分泌量によって発症したり症状が進むかどうかが決まります。


女性ホルモンの分泌がまだ安定していなかったり少なめである若い女性は、筋腫になりやすい体質だとしても筋腫を成長させる条件が不足していることが多いためほとんど発症しません。


また60代前後以降の閉経期の女性も、女性ホルモンの分泌がどんどん減少していくため筋腫の成長が鈍化し、閉経すると筋腫は少しずつ退縮し、消えることはないものの生活に影響がない程度まで小さくなっることもあります。


つまり卵巣から分泌される女性ホルモンの量が最も盛んな成熟期、つまり30代〜50代の女性は筋腫を発症しやすく、また筋腫の悪化が早くなる条件が整っているため罹患率が上がるのです。


なお、もしあなたが子宮筋腫の治療で悩んでいるのなら、こちらのサイトを参考にしてみてはいかがでしょうか?


        ↓  ↓  ↓  ↓


子宮筋腫を自宅で改善する魔法の方法とは?


このページのトップヘ