子宮筋腫の原因と症状や改善策・治療方法・食事レシピの体験談・体験記ブログ

子宮筋腫の原因・症状および改善策、治療方法、食事レシピについて、多くの人の体験談や体験記を紹介しているブログです。子宮筋腫を治したい人必見!

タグ:治療法

手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫は、筋層にできる良性の腫瘍のことです。


女性ホルモンが影響していると考えられ、30代から40代で3人から4人に一人の女性が子宮筋腫を持っているとされています。


筋腫自体は、悪さをしませんが、妊娠を希望している女性にとっては、妊娠の妨げとなると考えられており、筋腫の摘出が望ましいとされています。


最近、子宮筋腫が話題になるのは、高齢出産が増えていることと関係があります。


20年前の結婚年齢が25歳以下であったのが、現在では29歳台にまで延びたため、出産年齢が子宮筋腫を持つ年齢に被ることが多くなったからです。


しかし、現代医学は、確実に進歩しています。


私の妻もなかなか妊娠せず、精密検査をしたところ子宮筋腫を持っているので、摘出手術をしないと妊娠の可能性が低いといわれ、手術することとしました。


石けんと同じくらいの筋腫を取り除けたときは、これでようやく妊娠できると思いました。


しかし、今度は手術の際の影響で、子宮の片方が癒着してしまい、片方から排卵できない状態となってしまいました。


そこで、今度は腹腔鏡で癒着している子宮をはがす手術となりました。


不妊の原因を調べ、子宮筋腫が見つかってから5年経ち、ようやく妊娠できた時には、家内は36歳になっていました。


でも、医学の進歩で、2回手術し、子宮筋腫を取り除いても、2人の子供を授かることができました。


くれぐれも妊娠をあきらめないようにしたいものです。


なお、子宮筋腫の治療法について詳しく知りたいなら、こちらのサイトがオススメですよ。

        ↓  ↓  ↓  ↓

自宅で子宮筋腫を改善する方法



手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



私の身近な人の中にも、子宮筋腫になってしまった方が数人いて、残念ながら、この事が原因で不妊症になってしまった友人もいます。


子宮筋腫ってポピュラーな病気で、けっこう耳にする事が多いと思うのですが、ちゃんと説明できるほど、症状など良くわかっていない・・という感じだったので、子宮筋腫について、いろいろと調べて見ました。


子宮筋腫とは、良性の腫瘍で、筋肉のコブみたいな塊ができる事を子宮筋腫と呼ぶのです。


良性なので、命に関わる病気・・というわけではありませんが、何年もかけて少しずつコブは大きくなっていく事が多いようです。


最近は、比較的年齢の若い女性の方が子宮筋腫になる傾向があるようです。


子宮筋腫になっても、ほとんどが無症状の状態である事が多く、婦人科で検診した時に偶然みつかった・・なんていうこともあるようです。


症状を自覚する場合では、ひどい生理痛や、生理の時に出血する量が増えたりするという事が多くあるようです。


子宮筋腫になってしまったら、どんな治療法があるのでしょうか・・。


場合によっては、手術などをせずに、経過を観察したり、ホルモンの分泌をおさえて、筋腫を小さくする薬物療法などがあります。


あまりにも大きい筋腫の場合などは、手術で取り除くことが一般的なようです。




手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫とは、女性特有の病気であり、誰でもなりうる病気のひとつです。



子宮の平滑筋の中に、筋肉の瘤が出来る症状で、子宮あたりを触ってみてもわかるほど大きくなる事もあります。



放っておくと、長い時間をかけて少しずつ大きく成長してしまいます。



しかし、月経が重くなってしまったり、お腹や背中の痛みがありますので、治療が必要です。



子宮筋腫は良性の腫瘍で、悪性ではないので命に別状はありません。



がんのように、他の臓器に転移する事もほとんど心配いりません。



子宮筋腫を改善する方法としては、手術で取ってしまう事があります。



子宮を全摘出手術になると、子供が望めなくなりますが、今は子宮を温存する方向の手術が主流になっています。

 

腫瘍の大きさなどによっては、投薬や経過を見ながら様子を見る場合もあります。



不妊の原因にもなるので、妊娠を望んでいる場合は治療していく事が必要です。



出来た場所や症状によって異なりますが、妊娠しにくくなったり、流産しやすくなったりするからです。



子宮の内側に出来た腫瘍は症状が強く、月経量が多くなり負担になります。



子宮の外側に出来て腫瘍は症状が出ない場合が多いでしょう。



子宮筋腫の症状を見極めて、適切な治療法を見つける事が大切です。



手術することに抵抗がある場合は、こちらの方法を試してみるのもいいと思います。

            ↓  ↓  ↓

手術なしで子宮筋腫を治療する方法


手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



 子宮筋腫というと、子宮の中にある良性腫瘍の事であり、35歳から50歳の人に多いです。



 子宮筋腫の治療法として手術しかないと思っていたのですが、食生活を改善してストレスを解消し、ホルモンのバランスを整える事により子宮筋腫の改善につながるという方法をつい最近知りました。



 私の中では子宮筋腫になると、即座に手術して筋腫を摘出して治療すると思い込んでいた為に、私にとっては大きな知識を得た気分です。



 又は子宮の中の筋腫を放置すれば、いずれ腫瘍が悪性に変わり、子宮がんになってしまうと思っていました。



 実際には、良性腫瘍が悪性腫瘍に変わる事はないそうです。



 その事を聞いて私はホッとしたのですが、油断はできない為に先ほど挙げた食生活の改善と、ストレス解消を日頃から行い、子宮筋腫の予防につなげたいと思っています。



 そういえば私が通っていた職業訓練の友人が、子宮筋腫を持っているのですが、これといった治療をせずに筋腫を残していると言ってました。



 その話を聞き、私は心の中で悪性に変わったりしないだろうかと、内心心配していましたが、その心配は必要のない心配だったようです。



 子宮筋腫の治療として、手術が必要とされる場合は、筋腫の大きさがこぶしぐらいとかなり大きくなった場合、生理の出血量がかなり多く止まりにくくなった場合です。



 又は筋腫が大きくなりすぎて、他の臓器を圧迫してしまう場合だと、摘出手術が必要となります。



 良性腫瘍とはいえ、子宮筋腫は病気である以上決して油断せず、これからも子宮筋腫に関する知識をしっかりと身に付けたいです。


 
 なお、もしあなたが子宮筋腫を持っているのなら、こちらがおすすめですよ。


                   ↓ ↓ ↓ 


 
◆子宮筋腫を自宅で改善する方法!



このサイトは、子宮筋腫を手術することなく自宅で改善する方法について詳しく書かれています。


 
ぜひ参考にして下さいね!


 

このページのトップヘ