子宮筋腫の原因と症状や改善策・治療方法・食事レシピの体験談・体験記ブログ

子宮筋腫の原因・症状および改善策、治療方法、食事レシピについて、多くの人の体験談や体験記を紹介しているブログです。子宮筋腫を治したい人必見!

タグ:方法

手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫は、筋層にできる良性の腫瘍のことです。


女性ホルモンが影響していると考えられ、30代から40代で3人から4人に一人の女性が子宮筋腫を持っているとされています。


筋腫自体は、悪さをしませんが、妊娠を希望している女性にとっては、妊娠の妨げとなると考えられており、筋腫の摘出が望ましいとされています。


最近、子宮筋腫が話題になるのは、高齢出産が増えていることと関係があります。


20年前の結婚年齢が25歳以下であったのが、現在では29歳台にまで延びたため、出産年齢が子宮筋腫を持つ年齢に被ることが多くなったからです。


しかし、現代医学は、確実に進歩しています。


私の妻もなかなか妊娠せず、精密検査をしたところ子宮筋腫を持っているので、摘出手術をしないと妊娠の可能性が低いといわれ、手術することとしました。


石けんと同じくらいの筋腫を取り除けたときは、これでようやく妊娠できると思いました。


しかし、今度は手術の際の影響で、子宮の片方が癒着してしまい、片方から排卵できない状態となってしまいました。


そこで、今度は腹腔鏡で癒着している子宮をはがす手術となりました。


不妊の原因を調べ、子宮筋腫が見つかってから5年経ち、ようやく妊娠できた時には、家内は36歳になっていました。


でも、医学の進歩で、2回手術し、子宮筋腫を取り除いても、2人の子供を授かることができました。


くれぐれも妊娠をあきらめないようにしたいものです。


なお、子宮筋腫の治療法について詳しく知りたいなら、こちらのサイトがオススメですよ。

        ↓  ↓  ↓  ↓

自宅で子宮筋腫を改善する方法



手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫は、月経がある間は大きくなる可能性があると言われています。


子宮筋腫ができやすくなるのは30代以降で、40代になると4割くらいの人が、大なり小なり筋腫もち、ということですから、大体、こどもをうみ終わった年代の人に多い、ということになると思います。


40代前半くらいは、「プレ更年期」と言われる年代(私もそうだけど)。


女性ホルモンが次第に減ってくる年齢なので、子宮筋腫の成長もやや、ゆっくりになるんでしょうか?


この年代になってから筋腫が見つかった友人たちは、みんな割とのんびりしてます。


反対に、30代で筋腫が見つかった人は、どんどん巨大化してしまって、手術ってパターンが多い気がします。


40代後半の友人になると「閉経したら、自然に小さくなるからあまり心配いらないよ、っていわれたよ。


」なんて言ってました。


子宮筋腫は閉経して子宮の活動が衰えてくると自然と小さくなるものなんだそうです。


でも、見方によっては子宮の老化ってことで、なんか気持ちは複雑ですよね。


子宮内膜症も同じで、閉経すると自然に少しづつ嚢胞が吸収されて小さくなっていくものみたいです。


ただし子宮筋腫の場合は、筋腫があっても子宮がんの可能性は上がらないのに対して、子宮内膜症の場合は閉経後の子宮がんリスクが高くなると言われているんだとか。


毎年の検診が大切ですね。


なお、子宮筋腫を自宅で治療する方法について知りたい方は、こちらのサイトをぜひご覧になって下さいね。


        ↓  ↓  ↓  ↓ 

自宅で子宮筋腫を直す改善法とは?



手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫とは子宮の筋肉層にこぶ状にできる良性の腫瘍で、女性の現代病ともよばれるほど患者数が増加しています。


生理痛がひどい、生理の量が多すぎるといった理由で婦人科を受診して発見されることが多いのですが、30代〜50代の女性がなりやすい婦人科疾患といわれています。


中でも40代がもっとも多く、逆に10代〜20代前半の若い女性に発症することはほとんどありません。


なぜかというと、子宮筋腫の発症には女性ホルモンが強く影響を与えているからです。


子宮筋腫は女性ホルモンの分泌量によって発症したり症状が進むかどうかが決まります。


女性ホルモンの分泌がまだ安定していなかったり少なめである若い女性は、筋腫になりやすい体質だとしても筋腫を成長させる条件が不足していることが多いためほとんど発症しません。


また60代前後以降の閉経期の女性も、女性ホルモンの分泌がどんどん減少していくため筋腫の成長が鈍化し、閉経すると筋腫は少しずつ退縮し、消えることはないものの生活に影響がない程度まで小さくなっることもあります。


つまり卵巣から分泌される女性ホルモンの量が最も盛んな成熟期、つまり30代〜50代の女性は筋腫を発症しやすく、また筋腫の悪化が早くなる条件が整っているため罹患率が上がるのです。


なお、もしあなたが子宮筋腫の治療で悩んでいるのなら、こちらのサイトを参考にしてみてはいかがでしょうか?


        ↓  ↓  ↓  ↓


子宮筋腫を自宅で改善する魔法の方法とは?


手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



私は、妊娠してその定期健診で自分の子宮の中に筋腫があることを知りました。


大きさとしては5センチから6センチのものがひとつ、3センチ程度のものが2つありました。


発覚したのは確か妊娠3か月の時だったと思います。


妊娠に影響があるのかどうか心配でしたが、医師から「出産に影響ある位置ではないので、大丈夫でしょう」と言われ、私はその言葉で安心しきっていました。


そのまま時間は過ぎ、妊娠5カ月に入り、安定期になって安心したのもつかの間、ある日急におなかがズキズキ痛むようになったのです。


病院に電話しましたが、出血していないなら一日様子を見るように言われ、その日は痛みをこらえて眠りについたのですが、夜中あまりの痛さに目が覚めました。


主人にタクシーを呼んでもらい、検診で通っていた病院ではなく、24時間体制の産婦人科のある総合病院に連れて行ってもらったのですが、診察を終えてそのまま入院となってしまったのです。


どうやら私の子宮の中で赤ちゃんに栄養がとられてしまい、筋腫に栄養と酸素が回らなくなってしまったことによる、子宮筋腫の変性だということでした。


入院しても点滴や坐薬の痛み止めで痛みを緩和するほかなく、変性が終了するのを静かに待つということしかできなかったため、痛くなくなるゴールが見えなくて本当につらかったです。


結局痛みのピークは4日ほどで過ぎ去り、一週間後には無事退院しましたが、あの痛みは今でも忘れられません。


確かに出産もものすごく痛かったですが、筋腫の変性の痛みと出産の痛み、もう一度経験するなら私は出産を選びます。



追伸:

子宮筋腫を自宅で直す方法について知りたいなら、こちらをぜひご覧になって下さい!

          ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

自宅で子宮筋腫を直す方法について



このページのトップヘ