子宮筋腫の原因と症状や改善策・治療方法・食事レシピの体験談・体験記ブログ

子宮筋腫の原因・症状および改善策、治療方法、食事レシピについて、多くの人の体験談や体験記を紹介しているブログです。子宮筋腫を治したい人必見!

タグ:改善

手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫の摘出手術をした場合、入院期間はどの程度必要になるのか?


経験者のお友達に聞いてみました。


手術の方法が、開腹手術か?


腹腔鏡か?


温存手術(子宮は残して筋腫だけ切除する)か?


全部摘出か?


で、かなり変わってくるようです。


一番長かったのは、全部摘出+卵巣も一部摘出、癒着あり、という40代後半の友人で、14日間の入院だったそうです。


手術は全身麻酔の開腹手術で、けっこう大きく切ったんだそうです。


癒着はなかったけど、バレーボール大の筋腫を抱えていた別の友人は、10日くらいで済んだのだとか。


もう少し小さい、テニスボールくらいの大きさの筋腫を切除したひとは、温存手術で入院自体は1週間ていどだったけれど、術後の安静を保つ必要があるそうで、仕事を休んで1か月くらい静養していたそうです。


腹腔鏡で手術ができる場合だと、傷自体は小さいから、もっと短期間で済むという話ですが、それでも、お腹の中を切っているからしばらくは安静にしていないといけないらしい。


切るということそのものが、体に負担がかかることですものね。


最近は、こういう手術療法以外にも、子宮筋腫そのものを縮める治療法とかもあるらしいです。


でも、保険の対象になっていないとかで、費用面が気になりますね。


なお、手術に抵抗がある方や、あまりお金を掛けずに治したい方は、こちらの方法を試してみてはいかがでしょうか?


私の姉がこの方法で子宮筋腫を改善することができたので、気になる方は一度サイトをご覧になってみて下さい。


        ↓  ↓  ↓  ↓  ↓



手術や薬に頼らず子宮筋腫を自宅で治す方法について



手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫は、30代以上になると多くの女性が知らない間に抱えているものですし、大きくならないことも多いので、ほとんどの方は「筋腫がありますね、でも、心配するほどの状態じゃないですね」で済んでしまいます。


子宮筋腫は良性の腫瘤・・・つまり、コブの1種ですから、邪魔になるような大きさや場所でなければ、経過観察で終わってしまうし、手術して取り除くということも、しない方がいいという判断がされるらしいです。


でも、あんまりおおきくなってしまうとか、短期間でどんどん育ってしまう場合は、手術して取り除くことになるそうです。


友人で、1年ほどでテニスボールサイズにまで育ってしまった人がいたんですが、この人の場合、大きくなった筋腫のせいで子宮が変形してしまって、妊娠しづらくなっていたことと、筋腫が膀胱を圧迫していて、頻繁にお手洗いに行きたくなる(行っても、あんまりでない)という症状が出ていたんだそうです。


赤ちゃんがまだだったので、産婦人科で相談したところ、「妊娠したいなら、切除したほうがいい」ということになって、手術しました。


出産経験なかったから、初産も帝王切開になってしまう、と言われて、かなり悩んだらしいですが、手術後、めでたく赤ちゃんを出産しています。


不妊で悩まれている人の中には、筋腫が原因という人もいるのかもしれませんね。




ベジママは公式サイトの通販がお得


 
手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫とは子宮の筋肉層にこぶ状にできる良性の腫瘍で、女性の現代病ともよばれるほど患者数が増加しています。


生理痛がひどい、生理の量が多すぎるといった理由で婦人科を受診して発見されることが多いのですが、30代〜50代の女性がなりやすい婦人科疾患といわれています。


中でも40代がもっとも多く、逆に10代〜20代前半の若い女性に発症することはほとんどありません。


なぜかというと、子宮筋腫の発症には女性ホルモンが強く影響を与えているからです。


子宮筋腫は女性ホルモンの分泌量によって発症したり症状が進むかどうかが決まります。


女性ホルモンの分泌がまだ安定していなかったり少なめである若い女性は、筋腫になりやすい体質だとしても筋腫を成長させる条件が不足していることが多いためほとんど発症しません。


また60代前後以降の閉経期の女性も、女性ホルモンの分泌がどんどん減少していくため筋腫の成長が鈍化し、閉経すると筋腫は少しずつ退縮し、消えることはないものの生活に影響がない程度まで小さくなっることもあります。


つまり卵巣から分泌される女性ホルモンの量が最も盛んな成熟期、つまり30代〜50代の女性は筋腫を発症しやすく、また筋腫の悪化が早くなる条件が整っているため罹患率が上がるのです。


なお、もしあなたが子宮筋腫の治療で悩んでいるのなら、こちらのサイトを参考にしてみてはいかがでしょうか?


        ↓  ↓  ↓  ↓


子宮筋腫を自宅で改善する魔法の方法とは?


手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫とは、女性特有の病気であり、誰でもなりうる病気のひとつです。



子宮の平滑筋の中に、筋肉の瘤が出来る症状で、子宮あたりを触ってみてもわかるほど大きくなる事もあります。



放っておくと、長い時間をかけて少しずつ大きく成長してしまいます。



しかし、月経が重くなってしまったり、お腹や背中の痛みがありますので、治療が必要です。



子宮筋腫は良性の腫瘍で、悪性ではないので命に別状はありません。



がんのように、他の臓器に転移する事もほとんど心配いりません。



子宮筋腫を改善する方法としては、手術で取ってしまう事があります。



子宮を全摘出手術になると、子供が望めなくなりますが、今は子宮を温存する方向の手術が主流になっています。

 

腫瘍の大きさなどによっては、投薬や経過を見ながら様子を見る場合もあります。



不妊の原因にもなるので、妊娠を望んでいる場合は治療していく事が必要です。



出来た場所や症状によって異なりますが、妊娠しにくくなったり、流産しやすくなったりするからです。



子宮の内側に出来た腫瘍は症状が強く、月経量が多くなり負担になります。



子宮の外側に出来て腫瘍は症状が出ない場合が多いでしょう。



子宮筋腫の症状を見極めて、適切な治療法を見つける事が大切です。



手術することに抵抗がある場合は、こちらの方法を試してみるのもいいと思います。

            ↓  ↓  ↓

手術なしで子宮筋腫を治療する方法


このページのトップヘ