子宮筋腫の原因と症状や改善策・治療方法・食事レシピの体験談・体験記ブログ

子宮筋腫の原因・症状および改善策、治療方法、食事レシピについて、多くの人の体験談や体験記を紹介しているブログです。子宮筋腫を治したい人必見!

タグ:摘出手術

手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫は、筋層にできる良性の腫瘍のことです。


女性ホルモンが影響していると考えられ、30代から40代で3人から4人に一人の女性が子宮筋腫を持っているとされています。


筋腫自体は、悪さをしませんが、妊娠を希望している女性にとっては、妊娠の妨げとなると考えられており、筋腫の摘出が望ましいとされています。


最近、子宮筋腫が話題になるのは、高齢出産が増えていることと関係があります。


20年前の結婚年齢が25歳以下であったのが、現在では29歳台にまで延びたため、出産年齢が子宮筋腫を持つ年齢に被ることが多くなったからです。


しかし、現代医学は、確実に進歩しています。


私の妻もなかなか妊娠せず、精密検査をしたところ子宮筋腫を持っているので、摘出手術をしないと妊娠の可能性が低いといわれ、手術することとしました。


石けんと同じくらいの筋腫を取り除けたときは、これでようやく妊娠できると思いました。


しかし、今度は手術の際の影響で、子宮の片方が癒着してしまい、片方から排卵できない状態となってしまいました。


そこで、今度は腹腔鏡で癒着している子宮をはがす手術となりました。


不妊の原因を調べ、子宮筋腫が見つかってから5年経ち、ようやく妊娠できた時には、家内は36歳になっていました。


でも、医学の進歩で、2回手術し、子宮筋腫を取り除いても、2人の子供を授かることができました。


くれぐれも妊娠をあきらめないようにしたいものです。


なお、子宮筋腫の治療法について詳しく知りたいなら、こちらのサイトがオススメですよ。

        ↓  ↓  ↓  ↓

自宅で子宮筋腫を改善する方法



手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



摘出手術



子宮筋腫を根絶するためには、摘出手術を行うしか方法はありません。


そして手術を行う前には、様々な準備が必要になります。


まず、鉄欠乏性貧血がある場合、その治療が必要になります。


ヘモグロビンが極端に少ないと、麻酔をかけた際に血圧などが不安定になったり、少しの出血でも輸血が必要になってしまいます。


鉄剤を服用していれば改善する場合もありますが、月経時の出血がかなり多い場合には、薬剤のGnRHアゴニストを服用して月経を止めて鉄剤を服用するか、輸血を行うなどの方法があります。


手術の際に出血が多く予想される場合もあります。


何度か開腹手術を受けていたり、強い癒着が想定される場合、多数の筋腫を核出する場合などです。


この場合は、ヘモグロビンが11g/dl以上あれば、患者さんの血を前もって貯めておいて輸血に備える、自己血輸血が行えます。


大きな筋腫を核出する場合には、2〜3ヶ月を要してGnRHアゴニストを服用して子宮筋腫を小さくしてから摘出することになります。


子宮壁を薄くするためにもこの薬剤は用いられます。


また、子宮筋腫の手術は2週間前後の期間を要するため、その間にしばらく家を空けておいたり、仕事を休んだりという段取りをつけておくことも必要になります。



追伸:

子宮筋腫治療の体験談についてもっと詳しく知りたい方は、こちらのブログもオススメですよ!

          ↓   ↓   ↓


レバー状の塊が出る人が摂りすぎている食品とは?
手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



たまたま、別のことが気になったので婦人科を検診したときに、ついでだからと色々検査してもらって発見されました。



自覚症状はまったくなく、検査で見つかるまではそんなこと疑ったこともありませんでした。



私は子供も産んでいて、今後出産予定もなく大きさもそれほど大きくはないということでしばらく様子を見ましょうということでした。



とりあえず、月に1回検診に来てくださいとのことです。



とはいっても、症状も全然ないので検診に行くのを忘れてしまうことも多々あります。



これが、これから出産を控えている若い方なら気になって仕方ないから検診も絶対に忘れないのでしょうけど。。。



とりあえず、何回か通院して今のところは問題ないとのことでした。



でも、私も40歳を過ぎているしこれから出産予定もないし、あとどれくらいかはわかりませんが、10年くらいしたら閉経すると思われるので摘出手術とかにはならないと思うのです。



となると、経過観察してどうなるのかしら、、、と少し疑問もわいてくるのも事実なんです。



でも、一応病気だし知識もほとんどないので先生の言うことをきいて検診にはちゃんと行こうと思っています。



でも、ちゃんと子供を産んでからの発病だったのでよかったのかもしれません。

このページのトップヘ