子宮筋腫の原因と症状や改善策・治療方法・食事レシピの体験談・体験記ブログ

子宮筋腫の原因・症状および改善策、治療方法、食事レシピについて、多くの人の体験談や体験記を紹介しているブログです。子宮筋腫を治したい人必見!

タグ:手術

手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



私は35才ぐらいで子宮筋腫になりました。


今48なのでもう10年以上になります。


毎月の出血と痛みが激しいので、一回核摘出手術をしておなかを13センチ縦に切りました。


ピンポン玉ぐらいの子宮筋腫が1個だったそうです。


傷の痛みはすぐよくなるだろうと思っていましたが、季節の変わり目がいちばんきつく冷えると痛みで起きていられないぐらいの時が続きました。


手術して2、3ヶ月してまた子宮筋腫ができてしまったのです。


体質だからしょうがないとはいえそんなにすぐにできるとは思っていませんでした。


核摘出手術をしても出血量はすごく、痛みは傷の痛みと生理の痛みのダブルパンチになって前よりひどくなってしまいました。


10年たってやっと傷の痛みがあまり感じられなくなったのです。


でも今また子宮筋腫が20個2センチぐらいの大きさであるらしいのです。


今度は全摘出を勧められましたが、傷の痛さと子供のいない私には子宮をとるということを考えられないのです。


あと5年もすれば生理もなくなるだろうと思います。


それまでの我慢だと思って過ごしています。


お医者さんは全摘出すれば一番いいのにといいますが、女性にとって子宮をとるということはそんなに簡単なことではないと思うのです。


更年期障害のような症状もでると言いますし、女性でなくなるような気にもなってしまいます。


このまま定期健診で全摘出はしないと思っています。


子宮筋腫で悩んでいる人はたくさんいると思います。


軽くなるものならなんでもしたいぐらいです。




追伸:

子宮筋腫を手術せずに治す方法としては、このようなやり方もあるようです。

子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で解消する方法!


手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



摘出手術



子宮筋腫を根絶するためには、摘出手術を行うしか方法はありません。


そして手術を行う前には、様々な準備が必要になります。


まず、鉄欠乏性貧血がある場合、その治療が必要になります。


ヘモグロビンが極端に少ないと、麻酔をかけた際に血圧などが不安定になったり、少しの出血でも輸血が必要になってしまいます。


鉄剤を服用していれば改善する場合もありますが、月経時の出血がかなり多い場合には、薬剤のGnRHアゴニストを服用して月経を止めて鉄剤を服用するか、輸血を行うなどの方法があります。


手術の際に出血が多く予想される場合もあります。


何度か開腹手術を受けていたり、強い癒着が想定される場合、多数の筋腫を核出する場合などです。


この場合は、ヘモグロビンが11g/dl以上あれば、患者さんの血を前もって貯めておいて輸血に備える、自己血輸血が行えます。


大きな筋腫を核出する場合には、2〜3ヶ月を要してGnRHアゴニストを服用して子宮筋腫を小さくしてから摘出することになります。


子宮壁を薄くするためにもこの薬剤は用いられます。


また、子宮筋腫の手術は2週間前後の期間を要するため、その間にしばらく家を空けておいたり、仕事を休んだりという段取りをつけておくことも必要になります。



追伸:

子宮筋腫治療の体験談についてもっと詳しく知りたい方は、こちらのブログもオススメですよ!

          ↓   ↓   ↓


レバー状の塊が出る人が摂りすぎている食品とは?
手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫が見つかった場合に、どう対処するかは患者さんの考え次第であるといえます。


必ずしも手術をしなくてはならない、というものではありません。


子宮筋腫のうちで、そのために手術が必要になる人は全体の5%以下であるといわれています。


手術が必要になるのは、薬物療法で症状が改善しない場合や、改善するという見込みが持てない場合、また繰り返し強い貧血になってしまうような場合が挙げられます。


また、これから妊娠を計画している場合には、その時点ではトラブルがないにしても、手術を検討してみるといいでしょう。


妊娠によって分泌されるホルモンの量が増えることによって、筋腫が増大することもありえます。


1年以内に妊娠を希望している場合には、5〜6cm以上の筋腫がある場合には、筋腫の核を取り除く核手術を考えた方がいいでしょう。


手術をしない場合でも、ホルモン療法などの薬物療法を選ぶ場合と、定期的に受診して経過観察だけを続ける方法とがあります。


子宮筋腫は良性の腫瘍であるため、症状や日常生活に対する支障がなければ経過を見つつ、3カ月や半年に1度は定期的な検診を受けるのも選択の一つです。


人によって違いはありますが、平均して50歳を過ぎて閉経すれば、筋腫は小さくなります。


なお、子宮筋腫を自宅で治す方法が知りたい方は、こちらのサイトを参考にして下さい。

         ↓  ↓  ↓

手術をせずに自宅で子宮筋腫を治療する方法



手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



女性が子宮筋腫の手術をためらうのには、現実的な「入院中の家事はどうする?」「費用は?」「術後の回復期は?」といったことから、「子宮を失くしてしまうと、女じゃなくなるようで嫌だ」といった、心情的なものまで、とてもたくさんの、複雑な事情が入り乱れていることが原因の一つです。


確かに女性にとって、子宮はまさに「女性としての存在」を代弁するもの。


筋腫の好発年齢、30〜40代といえば、生理とのお付き合いだって、20年以上です。


そうそう簡単に「切って捨てる」という気持ちになれなくて当然だと思います。


お子さんがいないご夫婦だったり、未婚だったりすれば、「いつかは自分の子供を産みたい」という希望もあるでしょうから、悩みは深刻ですよね。


でも、こうした相談しやすい悩みの他に、「相談しにくい事情」というものも存在します。


それは、「夫婦生活」に関わること。


「子宮を取ってしまったら、夫婦生活はできないのでは?」「夫との最中に痛みが出たりしないかな?」「したい気持ちがなくなるんじゃないかしら?」などなど、デリケートな悩みは、たとえ婦人科のドクターと言っても気楽に訊けることじゃないですよね。


手術を経験した人、二人に聞いたところ、「まったく、変わりはなかった。」という返事でした。


二人とも、卵巣と膣を残し、子宮だけを取り除く形の手術だったので、生理はなくても女性ホルモンのレベルは正常ですから、問題なく円満な夫婦生活が送れているようです。




このページのトップヘ