子宮筋腫と併発しやすい病気に、子宮内膜症子宮腺筋症があります。



子宮内膜症は、子宮内膜やそれと似た組織が、卵巣や子宮の周辺、膀胱や直腸などに発生して増殖・活動する病気です。



子宮内膜は月経のサイクルに合わせて増殖し、妊娠がなければはがれ落ちて月経となるのですが、これと同じことが子宮内膜症が発生した場所においても起こるため、出口のない血液がたまりこんで、組織が腫れたり癒着が引き起こされたりします。



生命に危険がある病気ではありませんが、激しい月経痛が日常生活に支障を引き起こすことも多い病気といえます。



子宮腺筋症は子宮筋腫と間違われやすい病気です。



これは子宮内膜の組織が子宮筋層内に入り込むというものであり、その部位には筋腫のようなしこりが発生します。



このしこりが子宮筋腫と非常に似ているものであり、鑑別するのはなかなか難しくなります。



特徴的な症状として、強い月経痛と過多月経があり、筋層の中に入り込んだ子宮内膜が筋層内で月経同様に出血することから起こるのです。



子宮腺筋症は、子宮筋腫と違って周囲の筋層との境界がはっきりしなくなるため、そこだけをくりぬくことが難しくなり、MRIを用いた画像診断などでの確認が重要です。



なお、もしあなたが子宮筋腫で悩んでいるのなら、こちらの方法がオススメです。


             ↓  ↓  ↓

子宮筋腫を自宅で治す簡単な方法



私の知り合いもこの方法で子宮筋腫を治すことができたので、 ぜひ試してみて下さい。