子宮筋腫の原因と症状や改善策・治療方法・食事レシピの体験談・体験記ブログ

子宮筋腫の原因・症状および改善策、治療方法、食事レシピについて、多くの人の体験談や体験記を紹介しているブログです。子宮筋腫を治したい人必見!

タグ:子宮筋膜

手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋膜の検査に際して、血液検査が行われることもあります。これは子宮筋腫の有無を調べるものではなく、子宮筋腫の症状からくる鉄欠乏性貧血が疑われる人や、腫瘍マーカー(身体のどこかに腫瘍ができることで血液や排泄物の中に増加してしまう物質、タンパク質や酵素、ホルモンなどの総称)が発生していないかを調べるために行われるものです。

 

鉄欠乏性貧血は、子宮筋腫の典型的な症状である過多月経にともなって起きる場合があります。この貧血の度合いは、ヘモグロビンが鉄とタンパク質で合成された物質であることから算出することが可能であり、貧血と診断されるのはヘモグロビンの値が11.2g/dl未満の場合について言います。



過多月経による鉄欠乏性貧血の場合には、経口鉄剤によって鉄分を補うことで治療を行います。経口鉄剤がうまく服用できない場合や、貧血が非常に強い場合については、点滴で鉄剤を投与する場合もあります。



腫瘍マーカーに関しては、「CA125」という腫瘍マーカーが高い数値を示すと、子宮腺筋症や子宮内膜症が疑われます。この腫瘍マーカーの値が高いと、がんではないかと心配を抱く人もいますが、良性の腫瘍や、月経中に高い数値が示されることも多いため、これだけでは心配する必要はありません。



なお、子宮筋腫の解消法について詳しく知りたい方は、こちらのサイトもぜひ一度ご覧になって下さい。

           ↓  ↓  ↓

子宮筋腫を自宅で解消する魔法の方法



手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫が見つかった時に、手術に踏み切るか否かをどこで判断するかは一概には言えないのですが、一般に言えば、毎日の生活に支障が出るほどに症状がひどく、薬による治療では改善が見られないと思われる場合には、医師は手術による解決の方法があることを提示します。強度の貧血がある場合には、薬や食事療法による治療には限界があります。筋腫が不妊や流産の原因になっている可能性が大きいときにも、手術を考えた方がいいとは言えるでしょう。



最終的には患者さんの決断になるため、筋腫を抱えたまま生活することで生じるデメリットと、手術を行うことによるデメリットとを天秤にかけて決めることになるでしょう。

 

手術を受けるときの選択肢としては、筋腫のみを取り除く「筋腫核出術」と子宮すべてを摘出する「子宮全摘術」とがあります。



前者は子宮を残すことができるので、手術後も妊娠・出産が可能なメリットがあります。その一方で、子宮が残っている限りは再び筋腫ができる可能性があるので、数年後にまた手術を受けることになるかもしれません。後者は再び子宮筋膜ができることはなく、また子宮がんを発症することはなくなりますが、妊娠や出産はできなくなるわけです。

このページのトップヘ