子宮筋腫の原因と症状や改善策・治療方法・食事レシピの体験談・体験記ブログ

子宮筋腫の原因・症状および改善策、治療方法、食事レシピについて、多くの人の体験談や体験記を紹介しているブログです。子宮筋腫を治したい人必見!

タグ:出血

手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



私は35才ぐらいで子宮筋腫になりました。


今48なのでもう10年以上になります。


毎月の出血と痛みが激しいので、一回核摘出手術をしておなかを13センチ縦に切りました。


ピンポン玉ぐらいの子宮筋腫が1個だったそうです。


傷の痛みはすぐよくなるだろうと思っていましたが、季節の変わり目がいちばんきつく冷えると痛みで起きていられないぐらいの時が続きました。


手術して2、3ヶ月してまた子宮筋腫ができてしまったのです。


体質だからしょうがないとはいえそんなにすぐにできるとは思っていませんでした。


核摘出手術をしても出血量はすごく、痛みは傷の痛みと生理の痛みのダブルパンチになって前よりひどくなってしまいました。


10年たってやっと傷の痛みがあまり感じられなくなったのです。


でも今また子宮筋腫が20個2センチぐらいの大きさであるらしいのです。


今度は全摘出を勧められましたが、傷の痛さと子供のいない私には子宮をとるということを考えられないのです。


あと5年もすれば生理もなくなるだろうと思います。


それまでの我慢だと思って過ごしています。


お医者さんは全摘出すれば一番いいのにといいますが、女性にとって子宮をとるということはそんなに簡単なことではないと思うのです。


更年期障害のような症状もでると言いますし、女性でなくなるような気にもなってしまいます。


このまま定期健診で全摘出はしないと思っています。


子宮筋腫で悩んでいる人はたくさんいると思います。


軽くなるものならなんでもしたいぐらいです。




追伸:

子宮筋腫を手術せずに治す方法としては、このようなやり方もあるようです。

子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で解消する方法!


手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫や子宮内膜症は、生理があると悪化したり、過剰な出血で貧血になったり、激しい生理痛に苦しんだりといった症状がおこります。


これを軽くするのと、病巣そのものの縮小を狙って、ホルモン剤を使った疑似閉経状態にする治療が行われることが多いです。


私は、今のところ、内膜症と筋腫の縮小を狙って、「スプレキュア」という点鼻薬を一日二回使っています。


本当は三回使うのが標準使用の方法なんですが、3回使うとあまりにも副作用がつらすぎて、医師に相談して回数を減らしてもらいました。


疑似閉経状態になると、更年期障害のような症状が出るんですが、これが、3回使うとものすごすぎて、「食べられない」「鬱っぽくなって、動く元気がなくなる」「体がやたらと疲れてだるい」「寝汗かく」「物忘れがひどい(子供の授業参観とか、個人懇談の日を忘れた)」といった症状がひどすぎて、そのうちお金の計算や家事にも支障がでてきたので、「いくらなんでも、これはマズイ」と!


と慌てて減らしてもらいました。


同じ薬で注射の奴を筋腫もちの友人が使っていたんですが、彼女は、頭痛とか、イライラとか、眠気、肌荒れもひどかったそうです。


今は、筋腫を取ってしまったんで、薬もいらなくなり、楽になったと言っていました。


副作用には個人差があるのですが、ずーっと使い続けなくてはならないところが悩みですね。


なお、ホルモン剤や手術に頼らず子宮筋腫を治す方法もあるようなので、知りたい方はこちらのサイトを参考にしてみて下さい。


          ↓  ↓  ↓  ↓ 


自宅で子宮筋腫を治す魔法の方法とは?




手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫は女性の10人に2~3人は持っている病気だと言われています。

良性だと言われているので、見つかったとしても、急にどうこうしないとという訳でもありません。

筋腫ができている場所にもより、自覚症状があったり、生理痛がきつかったり出血が多かったりといった感じです。



生理痛がひどい、とういうのは人によって痛みの感じ方が違うのでなかなか判断しにくいと思います。

出血の多い、少ないというのも、どれくらいの量が多いのか?と疑問に思ってしまいます。



私も見つかった時は3~4センチくらいで経過観察でした。

生理痛は昔からひどく、吐いたり、時には救急車で運ばれた事もありました。

生理痛がひどいのは筋腫が関係してるとは思った事はありませんでしたが、

だんだん出血量が多くなってきたかな、という自覚症状はありました。



経過観察といわれると、次に検診には、なかなか行かないものです。

4年ほど経ち、筋腫が3倍以上の大きさになっているのが判明して、仕方なく核出術をしました。

今では手術も進歩しており、開腹せず腹腔鏡手術がメインのようです。

手術以外の方法も多く確立されていると思います。

人それぞれ症状もさまざまだと思うので、その人に合う治療をしていけばいいと思います。


 
なお、手術するのがイヤな方は、こちらの方法を試してみるといいでしょう。

            ↓  ↓  ↓

手術なしで子宮筋腫を改善する方法


手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



中年期の女性は、多くが大なり小なりの子宮筋腫を持っていると言われています。それくらい女性にとって子宮筋腫は身近な病気なので、例え検診で子宮筋腫が見つかっても不必要に恐れなくても良いのです。



おそらく身近にいる女性でも子宮筋腫を持っている方は非常に多いと思います。中には既に10cm大の筋腫がある女性も珍しくないので、筋腫のない人から見ると驚愕するかもしれません。



子宮筋腫は段々成長していく性質を持っていますが、閉経を迎えると成長は止まり反対に小さくなっていきます。つまり女性としての機能が存続している間だけの問題ということになります。その為子宮筋腫が見つかっても特別な治療を行わず、経過観察に留める医師も多いです。



とはいえあまりに筋腫が大きくなりすぎて出血などの弊害をもたらすようであれば、状態に応じた治療を受けた方が良いです。

 

子宮筋腫が大きくなると、月経時の出血が増える場合があります。しかし出血が増えるということは、体内の血液が減ってしまうということでもあります。その為子宮筋腫が原因で貧血に陥る方も少なくないので、筋腫が見つかったらきちんと定期的な健診を受けて症状の変化を追いかけるようにしましょう。



また子宮筋腫があっても自覚症状がない人もいるので、まずは日頃から定期的に婦人科の検診を受けることが重要です。



もし検診で子宮筋腫が見つかったら、こちらの方法を試してみてはいかがでしょうか?


             ↓  ↓  ↓

子宮筋腫を自宅で改善する方法!



私の友人がこの方法で子宮筋腫を治したので、 手術をしたくない人は試してみる価値はあると思いますよ^^


 

このページのトップヘ