子宮筋腫の原因と症状や改善策・治療方法・食事レシピの体験談・体験記ブログ

子宮筋腫の原因・症状および改善策、治療方法、食事レシピについて、多くの人の体験談や体験記を紹介しているブログです。子宮筋腫を治したい人必見!

タグ:出産

手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



私の妹は妊娠した時に子宮筋腫があることが判明しました。


かなり前から生理痛がひどかったり、お腹に痛みがあることがあったりと、自覚症状はあったようです。


しかし、それが子宮筋腫とは思わずに一度も婦人科で検査を受けませんでした。


妊娠して初めて、5センチほどの筋腫が発見されたのです。


相談を受けた私も全く知識がなく、とてもビックリしました。


医師からは筋腫があっても無事出産できている人は沢山いるから安心するように言われました。


ただ、妹はその頃立ち仕事をしていて、仕事内容が体力的にハードだったので、セーブするようにと注意されました。


妹は大事をとって、すぐに仕事を辞めました。


しかし、自宅で過ごすようになった妹は生まれてくる赤ちゃんのために部屋を改造したいと、かなり動き回っていました。


私も妹の旦那も心配していましたが、じっとしている事が出来ない性格な妹をとめることはできませんでした。


そんな矢先、妊娠3ヶ月に入った頃に突然激しい腹痛に襲われて病院へ運ばれました。


妹は1週間の入院とそれ以降も絶対安静にして過ごすように注意されました。


それから私も出来る限り家事を手伝い、妹は安静に過ごしていましたが、妊娠後期には子宮筋腫の影響でお腹がはりやすくて苦しんでいました。


医師に処方された張り止めの薬を飲んで耐えていましたが、とても大変そうでした。


しかし、妹は無事に赤ちゃんを出産して、今のところ筋腫もそれ以上大きくなっていません。


今は定期的に産婦人科へ通うようになり、筋腫の大きさをチェックしているので、私も安心しています。


なお、子宮筋腫を手術しないで治すやり方について知りたい方は、下記のサイトもご覧になって下さい。

           ↓  ↓  ↓

子宮筋腫を手術なしで治す方法とは



手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



私は、妊娠してその定期健診で自分の子宮の中に筋腫があることを知りました。


大きさとしては5センチから6センチのものがひとつ、3センチ程度のものが2つありました。


発覚したのは確か妊娠3か月の時だったと思います。


妊娠に影響があるのかどうか心配でしたが、医師から「出産に影響ある位置ではないので、大丈夫でしょう」と言われ、私はその言葉で安心しきっていました。


そのまま時間は過ぎ、妊娠5カ月に入り、安定期になって安心したのもつかの間、ある日急におなかがズキズキ痛むようになったのです。


病院に電話しましたが、出血していないなら一日様子を見るように言われ、その日は痛みをこらえて眠りについたのですが、夜中あまりの痛さに目が覚めました。


主人にタクシーを呼んでもらい、検診で通っていた病院ではなく、24時間体制の産婦人科のある総合病院に連れて行ってもらったのですが、診察を終えてそのまま入院となってしまったのです。


どうやら私の子宮の中で赤ちゃんに栄養がとられてしまい、筋腫に栄養と酸素が回らなくなってしまったことによる、子宮筋腫の変性だということでした。


入院しても点滴や坐薬の痛み止めで痛みを緩和するほかなく、変性が終了するのを静かに待つということしかできなかったため、痛くなくなるゴールが見えなくて本当につらかったです。


結局痛みのピークは4日ほどで過ぎ去り、一週間後には無事退院しましたが、あの痛みは今でも忘れられません。


確かに出産もものすごく痛かったですが、筋腫の変性の痛みと出産の痛み、もう一度経験するなら私は出産を選びます。



追伸:

子宮筋腫を自宅で直す方法について知りたいなら、こちらをぜひご覧になって下さい!

          ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

自宅で子宮筋腫を直す方法について



手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



私たち夫婦はお互い40歳の年に結婚しました。その時はまだ妊娠していなかったのですが、二人とも子どもは好きでしたので「近い将来」という気持ちでした。



そして、41歳で妻は初めて妊娠しました。働く女性が多い現代においては、高齢出産も珍しくなくなってきていますが、やはりリスクは考えなければなりません。そして、判ったことが「子宮筋腫」の存在でした。妻には子宮筋腫が3~4カ所ありました。大きさに関しては、いずれも「これ以上大きくならなければ問題はない」というものでしたが、そのうちの1つが子宮口に近いところにできていたことが、懸念材料となりました。



時折、出血も起こり、本人も不安に思いましたが、先生が「胎盤が形成される過程で、うまく移動してくれると思いますよ」とおっしゃってくださったのが救いとなりました。そして、数ヶ月後には先生のおっしゃった通りになり、私たちもひと安心しました。その間、筋腫たちは大きさも問題のない範囲でおさまっていました。



いよいよ迎えた出産は、陣痛が弱かったために予定日の1週間後に帝王切開となりましたが、母子ともども元気に手術を終えることができました。おかげさまで、その子も今では保育園に通っています。

 
手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



私は妊娠中、切迫流産と切迫早産で延べ4ヶ月も入院した。



理由はわからないが、私は常にお腹が張った状態になっていたため、お腹の張りを止める点滴を24時間打っていた。

 

ベッドの上でも絶対安静で、起き上がる事も必要最低限といわれた。



私が入院していたのは2人部屋だったため、退屈した時は同じ部屋の妊婦さんとオシャベリをして過ごしていた。



私が入院中、3人の妊婦さんが入れ替わりで入院していて、その中の1人が子宮筋腫の妊婦さんだった。



彼女は30代半ばで、悪阻がひどくてご飯がまったく食べられず、子宮内に二つの筋腫があるために子宮内で赤ちゃんのいる場所が狭いため、出産まで管理入院をしなければならない事、出産も帝王切開になる事を教えてくれた。

 

本当なら出産までこの病院で入院したいのだが、旦那さんが転勤となり、双方の実家も別の場所にあるために転院しなければならないらしく、赤ちゃんの事だけでなく他にも色々大変そうだった。



彼女が入院して1ヶ月程が過ぎてようやく転院先が決まり、彼女が部屋から去る日が決まった。



転院当日、彼女とは出産日が近い事もあり、離れてもお互い元気な子供を産もうと約束して住所交換をして、彼女は救急車に乗って去っていった。



そしてその年の正月、彼女から可愛い女の子を抱いた年賀状が届き、私も彼女に赤ちゃんを抱いた年賀状を出していた。



お互いに約束を果たせた事が、本当に嬉しかった。

 

このページのトップヘ