子宮筋腫とは、女性特有の病気であり、誰でもなりうる病気のひとつです。



子宮の平滑筋の中に、筋肉の瘤が出来る症状で、子宮あたりを触ってみてもわかるほど大きくなる事もあります。



放っておくと、長い時間をかけて少しずつ大きく成長してしまいます。



しかし、月経が重くなってしまったり、お腹や背中の痛みがありますので、治療が必要です。



子宮筋腫は良性の腫瘍で、悪性ではないので命に別状はありません。



がんのように、他の臓器に転移する事もほとんど心配いりません。



子宮筋腫を改善する方法としては、手術で取ってしまう事があります。



子宮を全摘出手術になると、子供が望めなくなりますが、今は子宮を温存する方向の手術が主流になっています。

 

腫瘍の大きさなどによっては、投薬や経過を見ながら様子を見る場合もあります。



不妊の原因にもなるので、妊娠を望んでいる場合は治療していく事が必要です。



出来た場所や症状によって異なりますが、妊娠しにくくなったり、流産しやすくなったりするからです。



子宮の内側に出来た腫瘍は症状が強く、月経量が多くなり負担になります。



子宮の外側に出来て腫瘍は症状が出ない場合が多いでしょう。



子宮筋腫の症状を見極めて、適切な治療法を見つける事が大切です。



手術することに抵抗がある場合は、こちらの方法を試してみるのもいいと思います。

            ↓  ↓  ↓

手術なしで子宮筋腫を治療する方法