子宮筋腫の原因と症状や改善策・治療方法・食事レシピの体験談・体験記ブログ

子宮筋腫の原因・症状および改善策、治療方法、食事レシピについて、多くの人の体験談や体験記を紹介しているブログです。子宮筋腫を治したい人必見!

タグ:ストレス

手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫とは、子宮の筋肉の中にできるこぶの様なものです。


この腫瘍は良性で他へ移転することはなく、子宮の中で次第に大きくなっていきます。


小さい筋腫は日常生活に支障がなければ治療する必要はありません。


ひどい場合はグレープフルーツ大にもなってしまうことがあり、このようなときは痛みも出て治療が必要です。


子宮筋腫の原因は、はっきりとわかっていません。


初経前ではほとんど発症することがなく、閉経後では小さくなることから女性ホルモンが関係しているのではないかと言われています。


ストレスや偏った食事、不規則な生活はホルモンバランスを乱します。


コンビニのお弁当が多かったり、お菓子を食事の代わりにしたり、夜更かしをしたりする生活を送っているとホルモンバランスを乱し、子宮筋腫になる可能性があります。


肉、乳製品の過剰摂取も子宮筋腫と関係があるのではないかと考えられます。


牛は乳の出がよくなるようにホルモン注射をされます。


注射されたホルモン剤は肉や乳製品の中に残り、それを食べた人が女性ホルモン過剰になって筋腫ができるのではないかと推測されます。


乳製品の摂取が多い人で子宮筋腫が多く発見されています。


最近では子宮筋腫の発見が若年化してきて、20代でも発見されています。


なお、手術をせずに治す子宮筋腫の解消法については、こちらのサイトをぜひご覧になってください。

        ↓  ↓  ↓  ↓

自宅で子宮筋腫を解消する魔法の方法とは?



手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫とは、赤ちゃんを育てるのに必要である子宮の筋層に腫瘍ができてしまうことをいいます。といっても、悪性のものではなく良性の腫瘍です。



子宮筋腫を持っている人は30代の女性では1/3以上もいると言われています。



もちろん、その年代だけでなく、初潮を迎えた女性から閉経を迎えるまでの幅広い年齢の女性がかかる可能性のある病気なのです。



最近では、初潮を迎える年齢が早まっていることもあり、若い女性にも増えている病気なのです。



良性の腫瘍ですので、直接命の危険はありませんが、だんだんと大きくなれば手術の必要性も出てきます。



しかし、その原因ははっきりとはわかっていないのが現実です。



食生活や、ストレスなどの可能性も考えられますが、効果的な予防方法がないのが実状です。



その症状は、腰痛や頻尿、不正出血、貧血などがあげられます。大きくなった筋腫はお腹を触るとそのふくらみがわかるほどにもなります。そのふくらみのせいで、直腸を圧迫することによって、便秘になることもあります。



ただ、腫瘍があるからといって治療を必ず行うわけではありません。



筋腫が大きくなったり、症状がひどい、不妊症で悩んでいるなどといった場合に行われます。



ですので、もし、子宮筋腫かな?と思った場合は医者に行って定期的に診断を受け相談するのがいいでしょう。



なお、子宮筋腫を自宅で手術なしで治療する方法については、こちらの動画を参考にするといいでしょう。

        ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

つらい子宮筋腫の自力での改善法とは?手術しないで自宅で治す対処法や効果的な食事・食べ物



手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫はありふれた病気です。病気と書くには語弊があるかもしれません。子宮筋腫のほとんどは体に悪影響を及ぼす事のない良性腫瘍だからです。



異物ができてはいけない場所にできてしまったり、大きくなりすぎて体に負担をかけてしまう筋腫というのは、あまり多くありません。肥大化しないまでも、ごく小さな筋腫の種のようなものは、実はほとんどの女性の子宮にあると言われています。表面化するのは氷山の一角で、子宮筋腫は女性なら誰でも体の中に持っているものなのです。

 

子宮筋腫に気づくきっかけは様々ですが、妊娠中の検診で見つかる事も多いようです。妊娠すると女性ホルモンの出方が変わり、もともと持っていた筋腫がホルモンの関係で大きくなって、超音波の検査で確認される事は珍しくありません。

 

筋腫を持ったまま出産できるのかと不安を感じるかもしれませんが、妊娠中の筋腫を過度に心配する必要はありません。多くは出産後に収縮し、その後の生活に影響を与えるものではないからです。ただ、筋腫が巨大化して胎児を圧迫したり、母体の健康に影響が出るようなら摘出手術が必要ですが、筋腫があっても普通分娩が可能な場合がほとんどです。



妊娠中は精神的にも不安定になりがちで、更に筋腫があるとなると余計に心配ですが、とにかく母体と胎児の健康を最優先にし、筋腫の事は頭から追い出して、ストレスのない妊娠生活を送るようにしましょう。

 

 
なお、子宮筋腫で悩んでいる人は、こちらのサイトもぜひ参考にしてみて下さい。

          ↓  ↓  ↓ 

子宮筋腫を自宅で改善する魔法の方法とは?



手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



30歳を過ぎて、仕事が忙しくてストレスが溜まっていた時に、

初めてカンジダという病気になりました。



初めての婦人科に行き、診察を受けた時に

子宮筋腫が発見されてしまいました。



私の場合、小さめのものが何個もあるとか。

その話を聞いた時、まだ結婚前だったので、なんかものすごく暗い気持ちというか。



「病気が見つかってしまった・・・」ということで、かなり凹みました。



先生は結構あっけらかんとしていて、

「まぁ、妊娠したい時が来たら、薬で治療すればいいと思うし!大丈夫だと思うよ。」と言っていました。



それでも。心は晴れませんでしたね。



その後、毎年診に来てとも言われず、そのまま放置していたんですが、

たまたまネットで、「子宮筋腫をもっている人は定期健診したほうがいい」というのを見て。



診断を受けてから3年経っていたので、すごく焦りました。

その3年の間に結婚したんですけど、その時まだ妊娠してなかったし。



「大きくなってたら手術!?」と思うとすごく怖くて。



結婚前に行った病院からは遠く引っ越していたので、別の婦人科に行くことにしました。

心臓がドキドキし過ぎて、ヤバかったです。

結局子宮筋腫は大きくなっておらず、こちらの先生が言うには「妊娠にも問題なさそう」ということでした。



その後、今現在妊娠中(妊娠初期)なのですが、

このまま大きくならないといいなと。心から思います。



今後は定期的に検査して気をつけます!

 


追伸:

O脚で悩んでいる方は、こちらのサイトを見てみて下さい↓ ↓ ↓

骨盤のゆがみもO脚も治せるようにストレッチ



このページのトップヘ