子宮筋腫の原因と症状や改善策・治療方法・食事レシピの体験談・体験記ブログ

子宮筋腫の原因・症状および改善策、治療方法、食事レシピについて、多くの人の体験談や体験記を紹介しているブログです。子宮筋腫を治したい人必見!

カテゴリ: 子宮筋腫 妊娠

手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫は、筋層にできる良性の腫瘍のことです。


女性ホルモンが影響していると考えられ、30代から40代で3人から4人に一人の女性が子宮筋腫を持っているとされています。


筋腫自体は、悪さをしませんが、妊娠を希望している女性にとっては、妊娠の妨げとなると考えられており、筋腫の摘出が望ましいとされています。


最近、子宮筋腫が話題になるのは、高齢出産が増えていることと関係があります。


20年前の結婚年齢が25歳以下であったのが、現在では29歳台にまで延びたため、出産年齢が子宮筋腫を持つ年齢に被ることが多くなったからです。


しかし、現代医学は、確実に進歩しています。


私の妻もなかなか妊娠せず、精密検査をしたところ子宮筋腫を持っているので、摘出手術をしないと妊娠の可能性が低いといわれ、手術することとしました。


石けんと同じくらいの筋腫を取り除けたときは、これでようやく妊娠できると思いました。


しかし、今度は手術の際の影響で、子宮の片方が癒着してしまい、片方から排卵できない状態となってしまいました。


そこで、今度は腹腔鏡で癒着している子宮をはがす手術となりました。


不妊の原因を調べ、子宮筋腫が見つかってから5年経ち、ようやく妊娠できた時には、家内は36歳になっていました。


でも、医学の進歩で、2回手術し、子宮筋腫を取り除いても、2人の子供を授かることができました。


くれぐれも妊娠をあきらめないようにしたいものです。


なお、子宮筋腫の治療法について詳しく知りたいなら、こちらのサイトがオススメですよ。

        ↓  ↓  ↓  ↓

自宅で子宮筋腫を改善する方法



手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫が存在する場合、それが必ずしも不妊の原因になる、ということではありません。子宮筋腫をもっていたとしても、そのままで無事に妊娠し、出産している女性は大勢います。

 

しかしながら、筋腫核手術を行った後でかなりの人が妊娠しているというのもまた事実であり、筋腫の存在している不妊の女性で他に原因が見つからない場合であれば、医師は多くの場合において手術を勧めることになります。筋腫が妊娠を妨げる場合が多くなるのは、粘膜下筋腫や筋層内筋腫のために子宮の内膜に変形が起こっているときです。この場合には、精子がうまく移送されなかったり、受精卵が着床しにくかったりということが多くなります。



子宮筋腫は妊娠中の定期検診で発見されることも多くあります。妊娠すると女性ホルモンがたくさん分泌されるようになるので、それまで小さかった筋腫の芽が成長してしまうことがあるからです。しかし、筋腫は妊娠が進むにつれて多くの場合柔らかくなっていくので、胎児は筋腫に邪魔されずに育っていくことがほとんどです。



しかし、妊娠している時に筋腫への血液の流れが悪くなり、痛みを引き起こすこともありますので、急に痛みが巻き起こったら医師の診断を早期に受ける必要があります。



なお、もしあなたが子宮筋腫で困っているのなら、こちらの方法を試してみてはどうでしょうか?


             ↓  ↓  ↓

子宮筋腫を自宅で改善する食事療法



私の友人もこのやり方で子宮筋腫を治すことができたので、 手術をせずに治したい人は、一度試してみる価値はあると思いますよ!


 

このページのトップヘ