子宮筋腫の原因と症状や改善策・治療方法・食事レシピの体験談・体験記ブログ

子宮筋腫の原因・症状および改善策、治療方法、食事レシピについて、多くの人の体験談や体験記を紹介しているブログです。子宮筋腫を治したい人必見!

カテゴリ: 子宮筋腫 経過観察

手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



私は十年ほど前に卵巣を患い、手術をしました。



その時に主治医から、「子宮筋腫があったのでついでに切除しておきました」と言われて驚きました。



それまで何の自覚症状もなかっただけに、とても意外な感じがしました。

 

子宮筋腫は、エストロゲンという女性ホルモンの影響でできる良性の腫瘍です。

 

硬いこぶのようなもので、肉眼では見えないほど小さいものから、数十センチにもなる大きなものまであります。



成人女性の二~三割に見られる症状で、人によっては月経過多重い生理痛を伴う場合があります。



この月経過多によって、知らないうちに貧血になり、身体に負担がかかるケースも見られるそうです。



あるいは、筋腫が大きくなって骨盤の中の神経や膀胱、直腸などを圧迫することがあります。すると、腰痛や腹痛、便秘、頻尿などの症状が出てしまいます。



これらの症状がひどい場合には、手術や治療を行います。特に症状がないなら、経過観察をしていきます。



私はその手術の後、定期的に検診を受けています。

 

すると数年前に、また小さな子宮筋腫があることが分かりました。しかし、日常で辛い症状はないので、このまま経過を見ることにしています。

 

このように、自分が気付かないうちに身体の状況が変化していることがあります。やはり日頃の検診が大切だということを痛感しています。



もし検診で子宮筋腫が見つかったら、こちらの方法を試してみるのもいいと思います。

            ↓  ↓  ↓

自宅で子宮筋腫を治療する方法


手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



私の友人の話です。

 

ある日突然足が痛くなり、近所の開業医にかかったところ、貧血がひどいので、その影響があるのではないかと言われて、貧血の薬をもらって家で安静にするように指示を受けました。



数日寝ていても、足の痛みがひどくなる一方だったので、自宅近くの国立病院を受診したところ、子宮筋腫が足の付け根の血管を圧迫していて、そこに血栓ができていることがわかり、緊急手術になってしまいました。



子宮のみならず両側の卵巣も摘出する事になった上、血栓症の治療薬を一生飲み続けなければならない状態になりました。

 

ドクターに、あと数日遅かったら命の危険があったかもしれない状態だと言われたそうです。



実は彼女は、それまで自分が子宮筋腫を持っていることを知りませんでした。



子宮筋腫は、こぶができる場所やタイプによっては自覚症状が出ないことも多く、その場合は検診を受けていないと発見されることはありません。

 

しかし、無症状だったとしても、放置すると突然の腹痛や月経過多、不妊、流産などを引き起こすこともあり、定期的な観察が必要な病気なのです。

 

専業主婦だと、特に自分の体調管理は後回しになりがちですが、定期的に健診を受けて、自分の子宮の状態を把握しておくこと、もし子宮筋腫が見つかったら、これも定期的に婦人科で筋腫の状態を診てもらっておくことが大切です。

 

定期的な経過観察があれば、もし、子宮の状態が大きく変化しても、友人のような危険な状況を招かないうちに治療することが可能だからです。



なお、子宮筋腫がみつかったら、こちらの方法をぜひ試してみて下さい。

            ↓  ↓  ↓

手術なしで自宅で子宮筋腫を治療する方法


私の知人が、このやり方で子宮筋腫を治すことができたので、試してみる価値はあると思いますよ!


このページのトップヘ