子宮筋腫の診断に関しては、内診が非常に大切なものとなります。内診は子宮筋腫だけではなく、婦人科の基本となる項目ですが、抵抗がある人もいるでしょう。しかし内診は、医師が直接目で見て、そして手で触れることによって子宮や卵巣の様子を観察する大切な診断です。



その手順としては、下着を脱いで内診台に乗り、両脚を開いた状態で診察を受けることになります。医師は指を患者の膣に入れ、反対側の手を下腹部の上に置いて、上と下から挟み込むようにします。このように2本の手で挟むようにして行うことから、双合診とも言われます。この検査によって、子宮の大きさ、形、固さ、卵巣の状態が分かる上、子宮筋腫や子宮内膜症の有無、筋腫が存在する場合にはその位置や大きさなど、さまざまな情報を得ることができます。



この検査の中で子宮を前後左右に動かすことによって、子宮とその周囲との間に癒着がないかどうかを確認することもできます。膣内や子宮頸部の様子を見るために、クスコと呼ばれる器具を膣に挿入して各部を調べることもあります。

 

このように様々なことを調べる検査なのですが、セックスの経験がない場合や、患者がどうしても無理を訴えるときには内診を省略するなど配慮されることもあります。