子宮筋腫の原因と症状や改善策・治療方法・食事レシピの体験談・体験記ブログ

子宮筋腫の原因・症状および改善策、治療方法、食事レシピについて、多くの人の体験談や体験記を紹介しているブログです。子宮筋腫を治したい人必見!

カテゴリ: 子宮筋腫 症状

手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫



子宮筋腫とは、女性だけの病気として知られていますが、誰にでも起こりうる病気です。


私の母が子宮筋腫を患っていましたが、若い時からずっとあったそうです。


子宮の筋層に出来た腫瘍を子宮筋腫と言い、良性なのでがんではありません。


しかし、子宮筋腫が出来た事によって、様々な不快な症状が出る事は避けられないようです。


腰痛や不正出血、貧血、頻尿なども多く、月経時の出血の量が多くなったりもします。


月経時に痛みが多かったり、頻発月経なども起こりやすくなります。


また、腫瘍はひとつとは限らず、たくさん出来ている場合もあり、腫瘍が大きくなってくると外から触る事が出来るようになってきます。


放置しても大丈夫な場合もありますが、大きくなってくるようなら手術で取る事が望ましいと言われています。


大体、こぶし大以上の大きさになる時は、周囲の臓器を圧迫してしまい妊娠もしにくくなってしまいます。


それだけでなく、流産・早産の危険性も含んでいます。


手術となると、子宮全摘出になりますが、子供を産んでいない場合は筋腫核出術を用いて子宮を残します。


私の母は、子供を産み終えた後だったので、子宮を全摘出しました。


私には子宮筋腫はありませんが、遺伝で出来やすいかも知れないので、気をつけて定期的な検査をしていきたいと思います。




なお、手術や薬で治すことに抵抗がある人や、費用をなるべく掛けずに治したい人は、こちらの方法を試してみてはいかがでしょうか?


私の姉もこれで子宮筋腫を解消することができたので、よかったら一度サイトをご覧になって下さいね。


        ↓  ↓  ↓  ↓  ↓



手術や薬に頼らず子宮筋腫を解消する方法



手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫が起こったとしてもその6割~7割に関しては症状が出ませんが、筋腫が大きくなったり、発生する場所が異なったりすることによって、さまざまな症状が引き起こされます。



最も多く見られる症状が過多月経です。子宮筋腫が子宮の内腔を押し広げて子宮内膜の表面積が広くなりはがれ落ちる内膜の量が増えるためと考えられます。月経の期間が普通でも出血量が多くなったり、月経の期間が10日以上続いたり、レバーのような血のかたまりがたくさん落ちてきたり、という症状がみられます。



ほかにも、粘膜下筋腫のためにその表面から持続的に出血してしまい、月経以外にも不正出血が起こります。またおりものにも子宮内膜にできたただれから極端に水っぽくなってしまうことがあります。



痛みが生じることもあります。子宮筋腫で生じる痛みは下腹部痛が主で、時には腰痛もあります。陣痛のような激しいものもあれば、鈍い痛みなど、人によって異なってきます。期間もまちまちであり、月経の期間だけでなく、それ以外の時期もあります。特に月経のときに、下腹部痛、腰痛、発熱、頭痛などを引き起こすこともあり、極端に痛むことがあるため、このようなときは無理をしないようにしましょう。



このページのトップヘ