子宮筋腫の原因と症状や改善策・治療方法・食事レシピの体験談・体験記ブログ

子宮筋腫の原因・症状および改善策、治療方法、食事レシピについて、多くの人の体験談や体験記を紹介しているブログです。子宮筋腫を治したい人必見!

カテゴリ: 子宮筋腫

手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫



先日、子宮癌検診に行ってきましたが、その時、小さな筋腫があると言われました。


かなり小さいもので、特に、今の所、問題がないということでした。


子宮筋腫とは、一体何なんでしょうか?


女性ホルモンのエストラジオールの影響を受け、筋肉細胞が、増加、腫大する病気が、子宮筋腫なのだそうです。


どうも、厳密に診断すると、30代女性の3人に一人に筋腫はあるのだそうです。


ただ、大きくならなければ、問題がないということではないでしょうか。


また、閉経してしまえば、卵巣内の卵のから、エストラジオールの分泌がなくなるので、子宮筋腫は、小さくなってしまって、治ってしまうのだそうです。


私の友達で、月経痛が、あまりにひどいので、病院に行ったら、子宮筋腫が原因だったと聞いたことがあります。


今も、治療を続けているようです。


子宮筋腫の症状は、月経痛がひどい他、貧血、月経過多、腰痛、頻尿、腫瘤が触れるなどです。


これらの症状があったら、悩んでいないで、早く病院で診てもらっておいた方が安心ですね。


さて、治療法ですが、保存治療と、手術とがあります。


手術となってしまうのは、薬物治療では治らない筋腫、妊娠、出産の経過影響を与えるだろう筋腫、そして、肉腫の可能性がある場合だそうです。


子宮筋腫イコール手術ではないので、怖がらず、産婦人科には、定期的に検診に行きたいと思います。


なお、子宮筋腫や子宮内膜症などの自宅でできる治療法についてくわしく知りたい方は、こちらのサイトをご覧になって下さい。


子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善する魔法の方法とは?



手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



初潮が始まって以来、生理周期もほとんど乱れることなく順調で生理痛等もほとんど無く20年近く過ごしてきたのですが、長男を妊娠した時のエコー検査で子宮筋腫があると医師に告げられました。



これまで全く自覚症状がなかった私はビックリ。



と同時に、今回の妊娠出産には全く影響が無い場所であり大きさだという事で胸を撫でおろしたのでした。



子宮筋腫は30代の女性の4~5人に1人、40代の女性の3~4人に1人が持っているというデーターもあるとの事ですが、私のように自覚症状が無く、妊娠するまで気がつかなかったという方も多いようなので、もしかすると割合はもっと多いのかもしれません。

 

当時、子宮筋腫はそのままで問題ないと言われ、お腹の子供の事に気をとられて全く意識してなかったせいか、筋腫の事等すっかり忘れたまま数年が経ちましたが、それ以降も自覚症状等は無く、生理は順調です。



子宮頸がん検査は定期的に受けているものの、子宮筋腫の経過については受診していませんが、突然筋腫が大きくなったり、増えたりすることもあるようなので、今後の為にも定期的に受診する事が大切だなと思い始めました。

 

子宮筋腫は手術をして切るというイメージしかなかったのですが、症状などによってはなどを使って行う治療もあるようですので、まずは婦人科の受診予約から始めたいと思います。


 

追伸:

子宮筋腫の症状で悩んでいる方は、こちらの動画をぜひご覧になってみて下さい。


↓  ↓  ↓  ↓  ↓


手術しないで自宅で子宮筋腫を治す・完治させる対策法 痛みを緩和する対処法や効果的な食事・食べ物



手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫はどの女性にも存在する可能性があると思います。



私自身も数年前婦人科で受けた検診で子宮筋腫があると言われました。



生理痛も全くといって良いほど何もなかったのでビックリしました。



ただ私の子宮筋腫はよく見ないと分からないくらいとても小さいもので、場所もそのまま経過観察で様子を見ても問題ない場所と言われました。



筋腫の出来る場所として子宮の中側、外側、内側でもなく外側でもない間(中間層)、があるそうですが、私の筋腫の場所は「間」だそうです。



なので当時、今の言葉で言う「妊活」中でもありましたが、何の処置もしないまま経過観察を続け、現在子供ももうけることも出来てます。



私の筋腫は妊娠、出産を経た現在も大きさ、数ともに変化なく現在もそのまま経過観察を続けていますが、義母がやはり筋腫があるということで数年前筋腫の手術を受けてます。



義母の筋腫は子宮の内側に位置し大きさも卵くらいの大きさだったようです。



手術は日帰りの簡単なものだったそうです。



筋腫は場所によっては不妊の原因や貧血の原因になったり、また放置すると赤ちゃんの頭くらい大きくなってしまうものもあるそうですので、やはり女性の方は定期的にクリニックを受診し検診をうけておく方が自身のために良いのではないかと思います。



なお、手術せずに子宮筋腫を改善させたいなら、こちらの方法がお薦めです。

            ↓  ↓  ↓

手術せずに子宮筋腫を治療する方法


手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



私の友人が子宮筋腫で手術をしました。

子宮筋腫の治療をするまでは、月経の度にやってくるすさまじいお腹の痛みと、貧血の症状と戦っていました。

仕事中に倒れた事もあったし、月経痛がひどくて何度か会社を休んでいました。



周囲の人からは、月経ごときで仕事を休むなんて、と思われていたようで、本人は悩んでいました。

一度通勤中に救急車で運ばれた事があったらしく、その時に子宮筋腫ということが判明しました。

友人は筋腫が大きく、手術する事になりました。



その後子宮筋腫は無くなり、月経痛もマシになったらしいのですが、現在は不妊で悩んでいます。

子宮筋腫は全部摘出されたので、不妊とは関係はないと思うのですが、友人は今でも不安に感じてるようです。



そんな辛い子宮筋腫ですが、30代以上の女性の3~4人に一人が持ってると言われる程、ありふれた病気です。

小さい物ならば治療の必要が無い場合もありますが、大きくなってしまうと手術をしなくてはいけません。

ただし閉経後は小さくなっていく物なので、閉経が近い女性の場合、生理を止めて様子を見る治療もあります。



筋腫ができる場所によっては、不妊や流産の原因になってしまう病気なので、気になる症状がある人は、早めに産婦人科へ行く事をお勧めします。


 
なお、手術することに抵抗があるという人は、こちらの方法を試してみるのもいいと思いますよ。

            ↓  ↓  ↓

手術なしで子宮筋腫を治療する方法


このページのトップヘ