子宮筋腫とは、赤ちゃんを育てるのに必要である子宮の筋層に腫瘍ができてしまうことをいいます。といっても、悪性のものではなく良性の腫瘍です。



子宮筋腫を持っている人は30代の女性では1/3以上もいると言われています。



もちろん、その年代だけでなく、初潮を迎えた女性から閉経を迎えるまでの幅広い年齢の女性がかかる可能性のある病気なのです。



最近では、初潮を迎える年齢が早まっていることもあり、若い女性にも増えている病気なのです。



良性の腫瘍ですので、直接命の危険はありませんが、だんだんと大きくなれば手術の必要性も出てきます。



しかし、その原因ははっきりとはわかっていないのが現実です。



食生活や、ストレスなどの可能性も考えられますが、効果的な予防方法がないのが実状です。



その症状は、腰痛や頻尿、不正出血、貧血などがあげられます。大きくなった筋腫はお腹を触るとそのふくらみがわかるほどにもなります。そのふくらみのせいで、直腸を圧迫することによって、便秘になることもあります。



ただ、腫瘍があるからといって治療を必ず行うわけではありません。



筋腫が大きくなったり、症状がひどい、不妊症で悩んでいるなどといった場合に行われます。



ですので、もし、子宮筋腫かな?と思った場合は医者に行って定期的に診断を受け相談するのがいいでしょう。



なお、子宮筋腫を自宅で手術なしで治療する方法については、こちらの動画を参考にするといいでしょう。

        ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

つらい子宮筋腫の自力での改善法とは?手術しないで自宅で治す対処法や効果的な食事・食べ物