私の周りでは共通の友人2人と妹が子宮筋腫です。


友人はどちらも結婚していて、二人共子供が欲しいからと 治療を続けていました。


やはり、子宮筋腫でない人と比べると 子供を授かりにくいらしく、 お薬を飲んでみたり、いつくらいが妊娠しやすい時期なのかなど、 よく2人が話しているのを聞いたものです。


それと同時に、私には 「妊娠を考えるのであれば、あまり調べたりせずに できるのを待つのが一番いいんだからそうしなよ!


」と 言ってくれてました。


それほど2人には深刻な悩みだったようです。


そんな時、一人に子供ができました。


本人は薬を飲んでいたのが効いたのかなといっていましたが、 子宮筋腫もさながら体型も細ちっこい子だったので お産まで結構大変だったみたいです。


でも無事に男の子を授かることができました。


その時、もう一人の友人は羨ましながらも ホントに良かったね!


と、心から喜んでいました。


そんな2人を見ると、子供が生まれてよかったことももちろんだし、 いい友だちに恵まれたな〜という風に、改めて感じることができました。


子宮筋腫は女性の病気ではありますが、 妊娠するとなったら本人だけの問題ではありません。


頑張っている彼女たちの旦那様にも頑張って支えて貰いたいと思います。