子宮筋腫は、筋層にできる良性の腫瘍のことです。


女性ホルモンが影響していると考えられ、30代から40代で3人から4人に一人の女性が子宮筋腫を持っているとされています。


筋腫自体は、悪さをしませんが、妊娠を希望している女性にとっては、妊娠の妨げとなると考えられており、筋腫の摘出が望ましいとされています。


最近、子宮筋腫が話題になるのは、高齢出産が増えていることと関係があります。


20年前の結婚年齢が25歳以下であったのが、現在では29歳台にまで延びたため、出産年齢が子宮筋腫を持つ年齢に被ることが多くなったからです。


しかし、現代医学は、確実に進歩しています。


私の妻もなかなか妊娠せず、精密検査をしたところ子宮筋腫を持っているので、摘出手術をしないと妊娠の可能性が低いといわれ、手術することとしました。


石けんと同じくらいの筋腫を取り除けたときは、これでようやく妊娠できると思いました。


しかし、今度は手術の際の影響で、子宮の片方が癒着してしまい、片方から排卵できない状態となってしまいました。


そこで、今度は腹腔鏡で癒着している子宮をはがす手術となりました。


不妊の原因を調べ、子宮筋腫が見つかってから5年経ち、ようやく妊娠できた時には、家内は36歳になっていました。


でも、医学の進歩で、2回手術し、子宮筋腫を取り除いても、2人の子供を授かることができました。


くれぐれも妊娠をあきらめないようにしたいものです。


なお、子宮筋腫の治療法について詳しく知りたいなら、こちらのサイトがオススメですよ。

        ↓  ↓  ↓  ↓

自宅で子宮筋腫を改善する方法