私のかつての職場の同僚で、子宮筋腫に苦しんだ人がいました。その人がふだん強気で何事にもめげない心の強さを持っていましたが、このときばかりは死んだようにぐったりして声をかけることもできないほどの状態でした。



病気自体もさることながら、女性として子宮を全摘出しなければならない恐怖と絶望感は筆舌に尽くしがたいものがあったと思います。

 

話を聞いてみるとかなりの出血量があり、吐いたり、のたうちまわるほどの痛みや苦しみと戦わなければならなかったそうです。

 

出産を夢見ていた彼女にとっては医師からの通告は自分の命を奪われること以上に残酷なものだったかも知れません。

 

通常、子宮筋腫の対処方法としては、手術以外にホルモン療法超音波療法などがあると言われますが、いずれも健康という観点から見れば決して安全と言い切れるものではありません。

 

こうした化学療法ではなく、食事療法によって子宮筋腫を小さくし、改善させることができる方法もあるそうです。女性としての夢、いや女性としての使命と言った方がふさわしいかも知れません、妊娠・出産という大きな仕事をやり遂げるためにも、簡単に子宮全摘出という安易な決断をしてしまわないようにするべきだと思います。