子宮筋腫が起こったとしてもその6割~7割に関しては症状が出ませんが、筋腫が大きくなったり、発生する場所が異なったりすることによって、さまざまな症状が引き起こされます。



最も多く見られる症状が過多月経です。子宮筋腫が子宮の内腔を押し広げて子宮内膜の表面積が広くなりはがれ落ちる内膜の量が増えるためと考えられます。月経の期間が普通でも出血量が多くなったり、月経の期間が10日以上続いたり、レバーのような血のかたまりがたくさん落ちてきたり、という症状がみられます。



ほかにも、粘膜下筋腫のためにその表面から持続的に出血してしまい、月経以外にも不正出血が起こります。またおりものにも子宮内膜にできたただれから極端に水っぽくなってしまうことがあります。



痛みが生じることもあります。子宮筋腫で生じる痛みは下腹部痛が主で、時には腰痛もあります。陣痛のような激しいものもあれば、鈍い痛みなど、人によって異なってきます。期間もまちまちであり、月経の期間だけでなく、それ以外の時期もあります。特に月経のときに、下腹部痛、腰痛、発熱、頭痛などを引き起こすこともあり、極端に痛むことがあるため、このようなときは無理をしないようにしましょう。