子宮筋腫の原因と症状や改善策・治療方法・食事レシピの体験談・体験記ブログ

子宮筋腫の原因・症状および改善策、治療方法、食事レシピについて、多くの人の体験談や体験記を紹介しているブログです。子宮筋腫を治したい人必見!

2013年09月

手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



筋腫手術



子宮筋腫の手術では、子宮をすべて取り出すのではなく、子宮を残して筋腫そのものをくりぬく「子宮筋腫核出術」という方法があります。


将来妊娠を希望する場合など、子宮を残す目的で行います。


原則としては、開腹して外側から筋腫を取り除くのですが、膣式で核出が可能な筋腫や、粘膜下筋腫で内視鏡を用いて切除することができる場合もあります。


ただし、再発の可能性があるのが最大の問題です。


腹式子宮筋腫核出術は、将来に妊娠や分娩を希望する可能性のある人や、筋腫によって不妊症や習慣流産の原因となっていると考えられる場合に、子宮をできるだけ正常の形状に近づける目的で行います。


この場合は回復し、筋腫の表面の子宮筋層を一部切開して筋腫をひとつずつくり抜いて取り除き、筋腫核を取った後を糸で縛って修復します。


この手術の場合には、肉眼で見える範囲の筋腫は核出することができますが、小さな筋腫を取り除くということは困難です。


そのため、切除しきれなかった核が将来大きくなり、再手術が必要になることがあります。


もう一つの問題点として、核出した傷の部分に癒着が起きて、卵巣や卵管、小腸などがくっついてしまうことがあります。


ここまでではなくとも、大部分の人で少々の癒着が起こることがあります。


なお、自宅でできる子宮筋腫の改善法について詳しく知りたいなら、こちらのサイトがオススメです。

        ↓  ↓  ↓  ↓

自宅で子宮筋腫を治す方法とは?



手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫の手術では、子宮全てを取り除く場合もあります。


これを「子宮全摘術」といい、子宮膣部から上の位置にある子宮全体を取り除く手術であり、場合によっては卵巣などの付属する器官を取り除く場合もあります。


子宮を全部取り除くわけですから、子宮筋腫による症状から解放されますし、筋腫の再発や子宮がんの心配はなくなります。


しかし子供は当然できなくなりますので、熟慮して方式を決める必要があります。


子宮全摘術には、お腹を切る腹式と、膣から取る膣式とがあります。


腹式は子宮全体を子宮の外面に沿って切除する手術で、へその下から縦に腹部を切るか、横に切って腹腔内に至ります。


子宮を支えている人体や動脈を切断し、付属器官の卵巣や膀胱を取り外したりする複雑な手順を経て子宮を丸ごと取り出すことになります。


大きな筋腫や癒着があるときはこの方法が安全です。


膣式は膣の一番奥を切開し、そこから子宮を摘出します。


お腹の皮膚を切らないために下腹部に傷が残らず、回復が早いというメリットがあるのですが、どの患者さんにも用いることができるわけではありません。


膣が狭い場合や子宮の周囲の癒着がある場合、大きな筋腫がある場合にこの手術を行うことは困難です。


なお、手術なしで自宅でできる子宮筋腫の改善方法について知りたい方は、こちらの動画をご覧になってみてください。


          ↓  ↓  ↓  ↓

つらい子宮筋腫の自力での改善法・治療方法・治し方とは?




手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



私の妹は妊娠した時に子宮筋腫があることが判明しました。


かなり前から生理痛がひどかったり、お腹に痛みがあることがあったりと、自覚症状はあったようです。


しかし、それが子宮筋腫とは思わずに一度も婦人科で検査を受けませんでした。


妊娠して初めて、5センチほどの筋腫が発見されたのです。


相談を受けた私も全く知識がなく、とてもビックリしました。


医師からは筋腫があっても無事出産できている人は沢山いるから安心するように言われました。


ただ、妹はその頃立ち仕事をしていて、仕事内容が体力的にハードだったので、セーブするようにと注意されました。


妹は大事をとって、すぐに仕事を辞めました。


しかし、自宅で過ごすようになった妹は生まれてくる赤ちゃんのために部屋を改造したいと、かなり動き回っていました。


私も妹の旦那も心配していましたが、じっとしている事が出来ない性格な妹をとめることはできませんでした。


そんな矢先、妊娠3ヶ月に入った頃に突然激しい腹痛に襲われて病院へ運ばれました。


妹は1週間の入院とそれ以降も絶対安静にして過ごすように注意されました。


それから私も出来る限り家事を手伝い、妹は安静に過ごしていましたが、妊娠後期には子宮筋腫の影響でお腹がはりやすくて苦しんでいました。


医師に処方された張り止めの薬を飲んで耐えていましたが、とても大変そうでした。


しかし、妹は無事に赤ちゃんを出産して、今のところ筋腫もそれ以上大きくなっていません。


今は定期的に産婦人科へ通うようになり、筋腫の大きさをチェックしているので、私も安心しています。


なお、子宮筋腫を手術しないで治すやり方について知りたい方は、下記のサイトもご覧になって下さい。

           ↓  ↓  ↓

子宮筋腫を手術なしで治す方法とは



手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



私は35才ぐらいで子宮筋腫になりました。


今48なのでもう10年以上になります。


毎月の出血と痛みが激しいので、一回核摘出手術をしておなかを13センチ縦に切りました。


ピンポン玉ぐらいの子宮筋腫が1個だったそうです。


傷の痛みはすぐよくなるだろうと思っていましたが、季節の変わり目がいちばんきつく冷えると痛みで起きていられないぐらいの時が続きました。


手術して2、3ヶ月してまた子宮筋腫ができてしまったのです。


体質だからしょうがないとはいえそんなにすぐにできるとは思っていませんでした。


核摘出手術をしても出血量はすごく、痛みは傷の痛みと生理の痛みのダブルパンチになって前よりひどくなってしまいました。


10年たってやっと傷の痛みがあまり感じられなくなったのです。


でも今また子宮筋腫が20個2センチぐらいの大きさであるらしいのです。


今度は全摘出を勧められましたが、傷の痛さと子供のいない私には子宮をとるということを考えられないのです。


あと5年もすれば生理もなくなるだろうと思います。


それまでの我慢だと思って過ごしています。


お医者さんは全摘出すれば一番いいのにといいますが、女性にとって子宮をとるということはそんなに簡単なことではないと思うのです。


更年期障害のような症状もでると言いますし、女性でなくなるような気にもなってしまいます。


このまま定期健診で全摘出はしないと思っています。


子宮筋腫で悩んでいる人はたくさんいると思います。


軽くなるものならなんでもしたいぐらいです。




追伸:

子宮筋腫を手術せずに治す方法としては、このようなやり方もあるようです。

子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で解消する方法!


このページのトップヘ