子宮筋腫の原因と症状や改善策・治療方法・食事レシピの体験談・体験記ブログ

子宮筋腫の原因・症状および改善策、治療方法、食事レシピについて、多くの人の体験談や体験記を紹介しているブログです。子宮筋腫を治したい人必見!

手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫



先日、子宮癌検診に行ってきましたが、その時、小さな筋腫があると言われました。


かなり小さいもので、特に、今の所、問題がないということでした。


子宮筋腫とは、一体何なんでしょうか?


女性ホルモンのエストラジオールの影響を受け、筋肉細胞が、増加、腫大する病気が、子宮筋腫なのだそうです。


どうも、厳密に診断すると、30代女性の3人に一人に筋腫はあるのだそうです。


ただ、大きくならなければ、問題がないということではないでしょうか。


また、閉経してしまえば、卵巣内の卵のから、エストラジオールの分泌がなくなるので、子宮筋腫は、小さくなってしまって、治ってしまうのだそうです。


私の友達で、月経痛が、あまりにひどいので、病院に行ったら、子宮筋腫が原因だったと聞いたことがあります。


今も、治療を続けているようです。


子宮筋腫の症状は、月経痛がひどい他、貧血、月経過多、腰痛、頻尿、腫瘤が触れるなどです。


これらの症状があったら、悩んでいないで、早く病院で診てもらっておいた方が安心ですね。


さて、治療法ですが、保存治療と、手術とがあります。


手術となってしまうのは、薬物治療では治らない筋腫、妊娠、出産の経過影響を与えるだろう筋腫、そして、肉腫の可能性がある場合だそうです。


子宮筋腫イコール手術ではないので、怖がらず、産婦人科には、定期的に検診に行きたいと思います。


なお、子宮筋腫や子宮内膜症などの自宅でできる治療法についてくわしく知りたい方は、こちらのサイトをご覧になって下さい。


子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善する魔法の方法とは?



手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫とは女性特有の病気の一種で子宮付近にできる良性の腫瘍です。


腫瘍と聞きますとちょっと嫌な感じも出てきますが、子宮筋腫は良性で体に害を与えにくいものなので深刻にならないようにしてほしいです。


腫瘍には良性と悪性があります。


悪性が癌という事になります。


この2つの違いは明確で体に害をおよぼしにくいのが良性で害をおよぼすのが悪性になります。


良性の場合は腫瘍が大きくならない事が多く、悪性の場合はどんどん腫瘍が大きくなるのです。


子宮筋腫は良性の方でこの病気になっても自覚症状が出ない人が多いです。


ただ、出来た部分によっては便秘など部分によって症状が出てきます。


基本的には経過観察になります。


ただ、大きいもので体になんかしらの病状がでている場合は手術による切除もする事がありますし、また子宮筋腫によっては薬による治療もあります。


なぜ経過観察するのかと言うとまれに大きくなる事があるからです。


この場合は手術による切除をする場合があります。


子宮筋腫と診断された場合は念のために定期的に健診に行く事が大事になってきます。


また、子宮筋腫の原因になるのが女性ホルモンのエストロゲンによるものです。


この病気は決して珍しい病気ではなく、5人の1人は発症するとも言われています。




手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



婦人科の病気で負担になるのは、「治療費が高い」ということだと思います。


子宮筋腫や子宮内膜症は、生理がある限り悪化したり辛い症状が続くため、ホルモン剤を使って、「疑似閉経」という状態にして、生理を停めるといった治療が行われることが良くあります。


ところが、この薬が高い!


点鼻薬だと2週間分で4000円くらい、徐放性の腹腔注射だと、1か月分で10000円くらいかかります。


主婦のお財布には決して安くないですし、仮に毎月注射を打ったとしたら、年間で12万円という金額になってしまいます。


医療控除の対象になるのが年間の医療費が10万円を超えたとき、ですから、楽々クリアしてしまうということですよね。


検査費用も高いです。


子宮筋腫も、子宮内膜症も、子宮がんを疑われる要素があるので、ほとんどの場合、精密検査として、1度はMRIを撮ります。


これが、腹部のMRIを1回撮るだけで、ヘタすると3万とかかかってしまいます。


こういう負担が、女性が気楽に女性特有疾患の検査を受けにくい原因になってるようにも感じています。


なお、高額な費用を掛けずに子宮筋腫を治す方法について知りたければ、下記のサイトをぜひご覧になって下さい。

         ↓  ↓  ↓  ↓

自宅で簡単に子宮筋腫を改善する方法とは?



手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



私の場合、両方の卵巣に子宮内膜症のチョコレート嚢胞があり、子宮腺筋症と子宮筋腫の両方が併存しています。


もー、満身創痍の子宮って感じですかね。


癒着もひどいと思われるので、手術の話が出たときに、「開腹手術しかできません。


腹腔鏡は無理です。


摘出は子宮と両方の卵巣全部ということになり、何も残せません。」と言われました。


すんごいショックで、「症状がひどいのは卵巣なのだから、卵巣だけ取って、子宮を残すとかそういう方法はとれないのか?」と質問してみました。


腺筋症はその頃はそんなにひどくなかったし、筋腫もごく小さいものだったので、子宮だけでも残したいと思ったのです。


でも、お医者さんの説明だと、「子宮筋腫と腺筋症があるので、子宮を残すことは無理です。


卵巣を取ってしまうと、女性ホルモンが作られなくなるので、ホルモン補充療法が必要になるかもしれません。


そうなると、筋腫がある人は、この治療ができないんですよ。」 と言われました。


子宮筋腫がある人が、ホルモン補充療法をすると、筋腫がホルモンの刺激で大きくなっていってしまうことがあるので、そうなると、またまた、お腹を開いて筋腫を取り除かなくてはならなくなる、というのです。


そのため、転部摘出するのが一番いいんだとか。


とても受け入れきれなくて、結局あれこれと頑張って、どうにかこうにか、即手術サイズからは縮んでくれています。




このページのトップヘ