子宮筋腫の原因と症状や改善策・治療方法・食事レシピの体験談・体験記ブログ

子宮筋腫の原因・症状および改善策、治療方法、食事レシピについて、多くの人の体験談や体験記を紹介しているブログです。子宮筋腫を治したい人必見!

手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋膜を診断するための手段として、超音波検査法は有効な手段です。超音波を身体に当てて跳ね返ってくるエコーから画像として表し、筋腫の有無や形を検査するのです。



子宮筋腫を調べる超音波検査には、経腹法経膣法とがあります。経腹方は、お腹の上にゼリーを塗り、超音波発信器を当てるもので、この方法では直径10cm以上の大きな子宮筋腫を観察するのに適しています。経膣法は、細長いタイプの超音波発信器を膣から挿入する方法であり、小さい子宮筋腫の発見や粘膜下筋腫の発見に役立ちます。セックスの経験がなく、経膣法が不可能な場合には、直腸から発信器を入れる経直腸法が採られる場合もあります。

 

超音波検査では、子宮筋腫の位置、大きさ、数などを調べることができます。特に、経膣法では、子宮内膜の状態や、卵巣内の卵胞の大きさを観察することも可能になっています。ただし、子宮筋腫はすべてが球形であるとは限らず、子宮筋腫と正常な筋肉との境目が曖昧である場合も多いため測定しづらくなることがあります。



超音波検査はX線などと違って被曝する心配はありません。特に痛みが伴うこともなく、いつでも行うことができる検査なため、積極的に利用するといいでしょう。



手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫が起こったとしてもその6割~7割に関しては症状が出ませんが、筋腫が大きくなったり、発生する場所が異なったりすることによって、さまざまな症状が引き起こされます。



最も多く見られる症状が過多月経です。子宮筋腫が子宮の内腔を押し広げて子宮内膜の表面積が広くなりはがれ落ちる内膜の量が増えるためと考えられます。月経の期間が普通でも出血量が多くなったり、月経の期間が10日以上続いたり、レバーのような血のかたまりがたくさん落ちてきたり、という症状がみられます。



ほかにも、粘膜下筋腫のためにその表面から持続的に出血してしまい、月経以外にも不正出血が起こります。またおりものにも子宮内膜にできたただれから極端に水っぽくなってしまうことがあります。



痛みが生じることもあります。子宮筋腫で生じる痛みは下腹部痛が主で、時には腰痛もあります。陣痛のような激しいものもあれば、鈍い痛みなど、人によって異なってきます。期間もまちまちであり、月経の期間だけでなく、それ以外の時期もあります。特に月経のときに、下腹部痛、腰痛、発熱、頭痛などを引き起こすこともあり、極端に痛むことがあるため、このようなときは無理をしないようにしましょう。



手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫は子宮の体部にできるのがほとんどであり、発生する箇所によって大きく3つに分かれ、「筋層内筋腫」「粘膜下筋腫」「漿膜下筋腫」とそれぞれ呼ばれます。

 

筋層内筋腫がもっとも子宮筋腫のなかでできやすいものであり、全体の60%ほどを占めています。大きさはそれぞれ異なり、いろいろなところにいくつもできやすく、大きく成長しやすいものなのが特徴になります。大きくなると子宮内腔を圧迫したり、月経期間を長くさせたりと、貧血を誘発することがあります。



粘膜下筋腫は、子宮の内壁を覆う子宮内膜のすぐ下に発生します。発生する頻度は全体の10%程度と少ないものの、もっとも症状になりやすいものです。子宮内部に向かってコブがつき出したあと、月経血の量が極端に増えたり、月経の期間が長くなったりします。



激しい月経痛や重い貧血を引き起こすほか、子宮筋腫が子宮口から飛び出す筋腫分娩になると膿の混じった血液が多量に出ることもあります。



漿膜筋腫は子宮の表面を覆う漿膜の下にできるものであり、子宮の表面に向かって成長します。そのために膀胱や尿道を圧迫すると頻尿になったり、尿が出にくくなったり、直腸を圧迫すると便秘を誘発することもあります。



手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



30歳を過ぎて、仕事が忙しくてストレスが溜まっていた時に、

初めてカンジダという病気になりました。



初めての婦人科に行き、診察を受けた時に

子宮筋腫が発見されてしまいました。



私の場合、小さめのものが何個もあるとか。

その話を聞いた時、まだ結婚前だったので、なんかものすごく暗い気持ちというか。



「病気が見つかってしまった・・・」ということで、かなり凹みました。



先生は結構あっけらかんとしていて、

「まぁ、妊娠したい時が来たら、薬で治療すればいいと思うし!大丈夫だと思うよ。」と言っていました。



それでも。心は晴れませんでしたね。



その後、毎年診に来てとも言われず、そのまま放置していたんですが、

たまたまネットで、「子宮筋腫をもっている人は定期健診したほうがいい」というのを見て。



診断を受けてから3年経っていたので、すごく焦りました。

その3年の間に結婚したんですけど、その時まだ妊娠してなかったし。



「大きくなってたら手術!?」と思うとすごく怖くて。



結婚前に行った病院からは遠く引っ越していたので、別の婦人科に行くことにしました。

心臓がドキドキし過ぎて、ヤバかったです。

結局子宮筋腫は大きくなっておらず、こちらの先生が言うには「妊娠にも問題なさそう」ということでした。



その後、今現在妊娠中(妊娠初期)なのですが、

このまま大きくならないといいなと。心から思います。



今後は定期的に検査して気をつけます!

 


追伸:

O脚で悩んでいる方は、こちらのサイトを見てみて下さい↓ ↓ ↓

骨盤のゆがみもO脚も治せるようにストレッチ



このページのトップヘ