子宮筋腫の原因と症状や改善策・治療方法・食事レシピの体験談・体験記ブログ

子宮筋腫の原因・症状および改善策、治療方法、食事レシピについて、多くの人の体験談や体験記を紹介しているブログです。子宮筋腫を治したい人必見!

手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



私は35才ぐらいで子宮筋腫になりました。


今48なのでもう10年以上になります。


毎月の出血と痛みが激しいので、一回核摘出手術をしておなかを13センチ縦に切りました。


ピンポン玉ぐらいの子宮筋腫が1個だったそうです。


傷の痛みはすぐよくなるだろうと思っていましたが、季節の変わり目がいちばんきつく冷えると痛みで起きていられないぐらいの時が続きました。


手術して2、3ヶ月してまた子宮筋腫ができてしまったのです。


体質だからしょうがないとはいえそんなにすぐにできるとは思っていませんでした。


核摘出手術をしても出血量はすごく、痛みは傷の痛みと生理の痛みのダブルパンチになって前よりひどくなってしまいました。


10年たってやっと傷の痛みがあまり感じられなくなったのです。


でも今また子宮筋腫が20個2センチぐらいの大きさであるらしいのです。


今度は全摘出を勧められましたが、傷の痛さと子供のいない私には子宮をとるということを考えられないのです。


あと5年もすれば生理もなくなるだろうと思います。


それまでの我慢だと思って過ごしています。


お医者さんは全摘出すれば一番いいのにといいますが、女性にとって子宮をとるということはそんなに簡単なことではないと思うのです。


更年期障害のような症状もでると言いますし、女性でなくなるような気にもなってしまいます。


このまま定期健診で全摘出はしないと思っています。


子宮筋腫で悩んでいる人はたくさんいると思います。


軽くなるものならなんでもしたいぐらいです。




追伸:

子宮筋腫を手術せずに治す方法としては、このようなやり方もあるようです。

子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で解消する方法!


手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫とは、子宮の筋肉の中にできるこぶの様なものです。


この腫瘍は良性で他へ移転することはなく、子宮の中で次第に大きくなっていきます。


小さい筋腫は日常生活に支障がなければ治療する必要はありません。


ひどい場合はグレープフルーツ大にもなってしまうことがあり、このようなときは痛みも出て治療が必要です。


子宮筋腫の原因は、はっきりとわかっていません。


初経前ではほとんど発症することがなく、閉経後では小さくなることから女性ホルモンが関係しているのではないかと言われています。


ストレスや偏った食事、不規則な生活はホルモンバランスを乱します。


コンビニのお弁当が多かったり、お菓子を食事の代わりにしたり、夜更かしをしたりする生活を送っているとホルモンバランスを乱し、子宮筋腫になる可能性があります。


肉、乳製品の過剰摂取も子宮筋腫と関係があるのではないかと考えられます。


牛は乳の出がよくなるようにホルモン注射をされます。


注射されたホルモン剤は肉や乳製品の中に残り、それを食べた人が女性ホルモン過剰になって筋腫ができるのではないかと推測されます。


乳製品の摂取が多い人で子宮筋腫が多く発見されています。


最近では子宮筋腫の発見が若年化してきて、20代でも発見されています。


なお、手術をせずに治す子宮筋腫の解消法については、こちらのサイトをぜひご覧になってください。

        ↓  ↓  ↓  ↓

自宅で子宮筋腫を解消する魔法の方法とは?



手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



私の周りでは共通の友人2人と妹が子宮筋腫です。


友人はどちらも結婚していて、二人共子供が欲しいからと 治療を続けていました。


やはり、子宮筋腫でない人と比べると 子供を授かりにくいらしく、 お薬を飲んでみたり、いつくらいが妊娠しやすい時期なのかなど、 よく2人が話しているのを聞いたものです。


それと同時に、私には 「妊娠を考えるのであれば、あまり調べたりせずに できるのを待つのが一番いいんだからそうしなよ!


」と 言ってくれてました。


それほど2人には深刻な悩みだったようです。


そんな時、一人に子供ができました。


本人は薬を飲んでいたのが効いたのかなといっていましたが、 子宮筋腫もさながら体型も細ちっこい子だったので お産まで結構大変だったみたいです。


でも無事に男の子を授かることができました。


その時、もう一人の友人は羨ましながらも ホントに良かったね!


と、心から喜んでいました。


そんな2人を見ると、子供が生まれてよかったことももちろんだし、 いい友だちに恵まれたな〜という風に、改めて感じることができました。


子宮筋腫は女性の病気ではありますが、 妊娠するとなったら本人だけの問題ではありません。


頑張っている彼女たちの旦那様にも頑張って支えて貰いたいと思います。




手術しない子宮筋腫改善治療法はこちら


↑ ↑ 子宮筋腫でお悩みならこちらをクリック ↑ ↑



子宮筋腫は、筋層にできる良性の腫瘍のことです。


女性ホルモンが影響していると考えられ、30代から40代で3人から4人に一人の女性が子宮筋腫を持っているとされています。


筋腫自体は、悪さをしませんが、妊娠を希望している女性にとっては、妊娠の妨げとなると考えられており、筋腫の摘出が望ましいとされています。


最近、子宮筋腫が話題になるのは、高齢出産が増えていることと関係があります。


20年前の結婚年齢が25歳以下であったのが、現在では29歳台にまで延びたため、出産年齢が子宮筋腫を持つ年齢に被ることが多くなったからです。


しかし、現代医学は、確実に進歩しています。


私の妻もなかなか妊娠せず、精密検査をしたところ子宮筋腫を持っているので、摘出手術をしないと妊娠の可能性が低いといわれ、手術することとしました。


石けんと同じくらいの筋腫を取り除けたときは、これでようやく妊娠できると思いました。


しかし、今度は手術の際の影響で、子宮の片方が癒着してしまい、片方から排卵できない状態となってしまいました。


そこで、今度は腹腔鏡で癒着している子宮をはがす手術となりました。


不妊の原因を調べ、子宮筋腫が見つかってから5年経ち、ようやく妊娠できた時には、家内は36歳になっていました。


でも、医学の進歩で、2回手術し、子宮筋腫を取り除いても、2人の子供を授かることができました。


くれぐれも妊娠をあきらめないようにしたいものです。


なお、子宮筋腫の治療法について詳しく知りたいなら、こちらのサイトがオススメですよ。

        ↓  ↓  ↓  ↓

自宅で子宮筋腫を改善する方法



このページのトップヘ